社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

090842
 
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
子どもの集いで高齢者体験!
2017-07-28

 社協のお隣、南部地区会館が主催する子どものつどいに参加している小学生たちが、社協で高齢者疑似体験をしました。

 すでに学校の福祉教育で体験した人もいましたが、今回は距離が長く、階段もあるスペシャルコース。

 体験セットを装着した小さなおじいちゃん、おばあちゃんたちは腰をたたいたり、途中で座り込んでしまったりと悪戦苦闘していました。

高齢者疑似体験セット装着!
 
宇大で街頭募金
2017-07-24
宇都宮大学峰キャンパスでの募金活動の様子

 72426日の3日間、宇都宮大学教授 長谷川万由美先生のお声かけにより、九州北部豪雨災害支援を目的とした街頭募金が宇大構内で行われました。

 毎日昼休み時間に行い、短時間ながらも集まった募金は28,431円!

 寄せられた募金は、来週から福岡県朝倉市で活動予定の「チームかぬま」に寄付されました。

 最終日には宇大のキャラクター「宇~太」も募金の呼びかけに協力してくれました。宇~太は学内でもかなりの人気者で、彼?が登場するなり人だかりができて募金も増え・・・。

 ありがとう、宇~太!
 
街頭募金 結果報告
2017-07-24

715日(土)、まちの駅 新・鹿沼宿にて「九州北部豪雨支援街頭募金」が行われました。参加団体は、鹿沼市ボランティア連絡協議会、鹿沼ボーイスカウト第1団・第4団、鹿沼青年会議所の皆さん。

 佐藤信鹿沼市長も応援に駆け付けてくださり、2時間足らずの活動で107,340円もの募金が寄せられました。

 募金の半額は義援金として福岡県・大分県の共同募金会に送られ、半額はボランティア活動支援金として活用されます。

 皆様のご協力、まことにありがとうございました。
 
南相馬市災害ボランティアバス 行ってきました!
2017-07-20

 720日(木)、災害ボランティア講座のプログラムとして、南相馬市に日帰りで災害ボランティア活動に行ってきました。メンバーは災害ボランティア「チームかぬま」の方たちに社協職員、そしてこの講座の参加者など総勢13名。

 朝5時集合で現地には9時過ぎに到着。この日の活動は草刈。かなり広い敷地のお宅でしたが、参加者は野外活動に慣れている方が多く、思いのほかスピーディーに作業が進みました。大きなトラブルがなくよかったです。それにしても暑かった・・・。

 この日は現地に向かう途中飯舘村を通過。村は大部分が避難指示が解除されたものの、田畑は荒れ、集められたままの汚染土がいたるところで見られ、復興が道半ばなのを思わされました。
 
中高生が要約筆記体験
2017-07-09

7月9日()、中高生ボランティアスクールの第2回目が開催されました。

 今回のテーマは「要約筆記体験」。

 「鹿沼市要約筆記者連絡会」の方たちを講師にお迎えし、要約筆記についてのお話を聞き、聴覚障害者とのちょっとしたやり取りに使えるミニノートをみんなで作り、筆談を練習。その後、中途失聴・難聴者協会会長の矢野さんから、聞こえの不自由ということについてお話を伺いました。

 後半は、ノートパソコンを使って、実際に要約筆記体験をしてみました。

 さすがに今の中高生は、パソコンに抵抗感はありませんが、話し言葉を要約して入力するのは初めてなので、なかなか苦戦しながらも楽しく学んでいました。         (菊池)
中高生がパソコン要約筆記に奮闘中!
 
災害に強いまち“かぬま”を目指して
2017-06-29
完成した「活動記録」と改訂版「活動計画」

平成279月の関東・東北豪雨水害の際には、市民の皆さまに、鹿沼市災害ボランティアセンターの運営に多大なるご理解・ご協力をいただき、改めて御礼申し上げます。

さて、当協議会では、平成2711月末日をもって災害ボランティアセンターを閉所した後、約13ヵ月にわたり、検証作業を進めてまいりました。今回、その成果として、「鹿沼市災害ボランティアセンター活動記録」の編纂、及び「鹿沼市災害ボランティアセンター活動計画」の改訂が完了いたしました。2度と災害がないことを祈るばかりですが、今後は、これらを活用しながら、ボランティア養成講座及び職員研修等を実施し、災害に強いまち“かぬま”を目指していきたいと思います。
 
南部町民児協(山梨県) 災害VC視察(6月29日)
2017-06-29
熱心に講義を聞かれる南部町民協の皆様。

 山梨県の南部町民生委員協議会の方たちが鹿沼市災害VCの活動についての視察にいらっしゃいました。南部町は静岡県との県境に位置する町で、本当に遠くからきていただきました。

 富士山に近い町で、地震や噴火に対する意識が強いとのこと。いざという時にはお互いに協力していきたいです。
 
初めての手話教室(昼の部・夜の部)閉講式
2017-06-26
4月24日から6月26日の全10回開催されました講座が終了しました。
 手話は初めてという方々がほとんどでしたが、最後の講座では一人ひとりが手話で自己紹介や講座の感想を出来るまでに上達していました。
 感想の中に、「この講座を毎週楽しみにしていました」「楽しくてあっという間に終わってしまった」「この講座で学んことを、これからも活かしていきたい」などの感想がありました。
 
次回の「初めての手話教室」は、9月1日から11月10日までの全10回、毎週金曜日の午前10時から総合福祉センターにて開催します。
 募集期間は7月3日から8月2日まで募集を受け付けていますので、少しでも手話に興味を持たれている方は是非ご応募ください。
 
佐野市の中高生が災害ボランティアの勉強に来てくれました(6月25日)
2017-06-25
活動する際の服装について講義中

佐野市生涯学習課主催の事業として、佐野市の中学生、高校生の方たちが鹿沼市での災害ボランティア活動についての話を聞きに来てくれました。

 前半は鹿沼社協職員から災害ボランティアについての講話、後半は災害ボランティアグループ「チームかぬま」のメンバーお二人から、ボランティアについての体験談をお話しいただきました。
 
「新潟県糸魚川市における大規模火災義援金」の結果報告
2017-06-21
 鹿沼市社会福祉協議会の窓口に設置した「平成28年新潟県糸魚川市における大規模火災義援金の受付は終了しましたのでお知らせいたします。
 結果は下記のとおりとなりましたのでご報告いたします。 
 

 

 

  平成28年新潟県糸魚川市における大規模火災義援金

 結果:7,563円(平成29年6月21日現在)

 

 

 集まりました募金は栃木県共同募金会を通して、新潟県に送金致します。

 ご協力ありがとうございました。 

 

 

 

 
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361