社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

095090
 
 

職員採用案内

職員採用案内
 
鹿沼市やまびこ荘 非常勤職員(支援員)の募集について
2018-04-01
 下記募集要綱のとおり、鹿沼市やまびこ荘 非常勤職員(支援員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要綱をご確認の上、ご応募ください。
 
鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(支援員)の募集について
2018-04-01
 下記募集要綱のとおり、鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(支援員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要綱をご確認の上、ご応募ください。
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
「平成28年熊本地震義援金」の募金箱設置について
2016-04-18
 平成28年4月14日に発生した熊本地震によって被害を受けられた方々を支援するため、熊本県共同募金会にて義援金の募集が行われます。
 募集期間:平成28年4月15日(金曜日)から6月30日(木曜日)
 
 鹿沼市社会福祉協議会では、熊本県を少しでも支援できればと募金箱を設置することといたしました。
 寄せられた募金は、共同募金会を通じ、熊本県共同募金会へ送られる予定となっています。
 鹿沼市でも「関東・東北豪雨」で全国各地から支援していただきまし。
 今度は鹿沼から・・・
 皆さまのご協力をお願い致します。
 
 設置場所
 ・鹿沼市社会福祉協議会(鹿沼市万町931-1)
 ・鹿沼市千寿荘(鹿沼市日吉町386)
 ・鹿沼市やまびこ荘(鹿沼市日吉町1011)
 ・鹿沼市高齢者福祉センター(鹿沼市酒野谷1006)
 ・鹿沼市文化活動交流館(鹿沼市睦町1956-2)
 ・鹿沼市市民情報センター(鹿沼市文化橋町1982-18)
 

 
「平成28年熊本地震義援金」募集要綱をUPしました!
2016-04-18
詳しくは、下記PDFファイルを参照ください。
 
第11回東部台ふれあいさくらまつり開催!
2016-04-10
 
「ふれあいフェスタ」会場内でフードドライブ(食品回収)を実施!!
2016-04-04
4/24(日)に情報センターで開催されます「第15回 ふれあいフェスタinかぬま」の会場内でフードドライブ(食品回収)を実施いたします。みなさまからいただいた食品は「フードバンクかぬま」を通じ、生活に困っている方々にお渡しいたします。
寄付していただきたい食品は・・・
 
□ インスタント食品
□ 缶詰・ビン詰
□ レトルト食品
□ カップ麺
□ のり・あじのり
□ ジュース
□ めんつゆ
 
詳細は、別添のチラシをご覧ください。
 
フードバンクから食品提供のお願い
2016-03-28
フードバンクかぬまでは、みなさんのご家庭に眠っている「缶詰、レトルトカレー、味のり、ふりかけ」などの食品を寄付していただき、生活に困っている方々に食品を提供させていただいておりますが、現在、「おかず」が不足しております。
みなさまの温かいご寄付をお願いします。
 
ボランティアグループ「チームかぬま」の事務所開所式に参加してきました。
2016-03-27
山小屋風の外観

3月27日の日曜日、鹿沼市富岡地区において「チームかぬま」

事務所開所式が行われました。

事務所を建設するにあたり、「関東・東北豪雨」の際にボランティアでお世話になった山形の鈴木さんのご厚意で資材を頂き、鈴木さん、山野井代表他2名で建設されました。

 開所式には、「チームかぬま」のメンバーである小島市議をはじめ、新潟県長岡市木沢地区在住の平澤さん、鹿沼市ボランティア連絡協議会会長、日本ボーイスカウト栃木県連盟鹿沼第1団、第4団の隊長、社協職員の約30名が集まりました。また、「チームかぬま」のメンバーである鹿沼市長も駆けつけてくださるなど、盛大な開所式となりました。

 開所式に参加させて頂き、改めて人と人との繋がりの大切さを感じた1日となりました。
 
生活相談・支援センターの愛称は「のぞみ」に決定!
2016-03-23

平成27年4月に開設した生活困窮者の相談窓口「生活相談・支援センター」。

 この名称がいささか長く略しにくいため、社協内で愛称を募集し、このたび愛称を「のぞみ」と決定いたしました。

 相談者に希望をもっていただきたい、相談員も希望を与えられるよう応対していきたいとの願いを込めております。

 これから「生活相談・支援センターのぞみ」をどうぞよろしくお願いいたします。
 
ボーイスカウトの雪下ろしに同行してきました!
2016-03-19
湯気が立つほど頑張ってます!

3月19日の土曜日、新潟県長岡市木沢地区に日本ボーイスカウト栃木県連盟鹿沼第1団、第4団の皆様12名、鹿沼市ボランティア連絡協議会会長、ボランティアグループ「チームかぬま」の代表、副代表、社協職員4名の計19名で雪下ろしに行ってきました。

 当日はあいにくの雨でしたが、翌日には皆の気持ちが通じたのか雨も上がり、ボーイスカウトの皆さんが体から湯気が出るほど一生懸命雪下ろしをする姿が印象的でした。
 
宇大生が「鹿沼お話し聞き隊」実施!
2016-03-15
 早いもので、9月の「関東・東北豪雨」から半年が経ちました。
 宇都宮大学生は、9月の「災害ボランティアセンター」立ち上げ当時から、運営面、現場支援の両面に渡ってボランティア活動に携わってくださってます。「災害ボランティアセンター」を閉じた後も、積極的に被災された方々に元気になって欲しいと「かぬまDEサンタ」を企画し、サンタクロースの格好で、約20人のサンタが町を練り歩ったりしました。
 今回は、宇都宮教育学部の長谷川教授のゼミ生を中心に、生活の現状など、被災者宅を約80件訪問し、お話しを聞いて下さいました。中には、2時間くらいお話しされた方もいたとか・・・。
 善意でいただいた花の種などもお配りしながらでしたが、今後も社協は宇大と連携して「生活応援窓口」を継続していきます。
 
 
 
 
生活相談・支援センターより、相談者アンケート結果報告
2016-03-11

相談者にアンケートを取ってみました

 平成27年4月に開設した生活相談・支援センターは、生活に困った方の相談窓口として、これまで約200件の相談を受けてきました。

 このたび同センターでは、相談員の対応についての評価や再相談の必要性、求められるニーズを探るべく、これまで相談に来られた方たちを対象にアンケートを行いました(相談継続中の方や生活保護受給世帯等を除く)。

 アンケート発送数86通 回答数25通 回答率29%でした。

 

問1      相談内容について(上位3つ)

  1位 収入・生活費のこと(15

  2位 病気や障がいのこと(7

  3位 家賃やローンの支払いのこと(5

借金について(5

 

問2      相談員の対応について

位 よかった(10

位 まあよかった(7

位 ふつう(5

位 あまりよくなかった(2

 

問3      相談した結果

位 解決はしないが話を聞いてもらえてよかった(9

位 解決した(6

位 必要な情報が得られた(5

解決しなかった(5

 

問4      どんなサポートがほしいか(上位3つ)

位 生活費の助成(18

位 各種貸付制度(9

位 医療費の助成(7

家賃の助成(7

 

考察

相談員の対応はおおむね好評でした。

残念ながら相談者の課題を解決できないことも多いですが、相談ができる場、話を聴くことの重要性が感じられました。生活費の助成を望む声が多いことから、慢性的に生活に困っている様子がうかがえました。

 生活相談・支援センターでは、これからも相談者の立場を考え、ともに行動する相談を心がけてまいります。

   
「おかず」になる食品大募集(フードバンクかぬま)
例えばこんな食品を…
おかずになるもの、調味料やお菓子も一緒にご寄附ください。
 「フードバンクかぬま」からのお願いです。平成27年11月6日(金)より、正式に「フードバンクかぬま」を開始しております。
 多くの皆様から、様々な食品を提供いただき運営をしておりますが、一部の食品に不足が生じておりますので、ここで改めて食品の寄付についてお願いをいたします
 缶詰、ふりかけ、レトルトカレー、味のりなど「おかず」になる食品が不足しています。ぜひ、ご家庭で眠っている食品を「フードバンクかぬま」へご寄付ください。
 不明な点については、下記までお問い合わせください。
 
問い合わせ
 鹿沼市社会福祉協議会 地域福祉課 権利擁護係(担当:川田・大門)
 TEL 0289-65-5191
 
 

17地区社協活動報告!

17地区社協活動報告!
 
ほっとサロンあさひでお花見会✿
それではお花見に出発!
それではお花見に出発!
思わず見惚れちゃいます
鯉と桜なんて風流ですね♪
はい!チーズ!
ゴールの後はみんなでお弁当
それではお花見に出発!
ほっとサロンあさひでお花見会✿の説明
 4月9日にほっとサロンあさひにて、毎年恒例のお花見会を行いました。
 今年は趣向を変えて、サロンの横を流れる木島掘をのんびりお散歩。
 ぽかぽか陽気の中、見ごろを迎えたシダレザクラに皆さん大満足のご様子。
 写真を撮ったり、香りを楽しんだりと、思い思いに朝日町の春を満喫されていました。
 
第13回東部台ふれあいさくらまつり、華やかに開催✿
桜のじゅうたんがキレイです
桜のじゅうたんがキレイです
ゲームコーナーではちびっ子たちが奮闘中
鹿沼高校ダンス部によるオンステージ♪
グルメ広場も盛況です!
牡蠣がおいしく焼けました!
桜のじゅうたんがキレイです
第13回東部台ふれあいさくらまつり、華やかに開催✿の説明
 4月7、8日に東部台ふれあいさくらまつりが開催されました。
今年もイベントステージは、歌にダンスに大抽選会にと、盛りだくさんの内容で楽しませてくれました。
 ダンスショーでは観客の皆さんも一緒になってレッツダンス!大人も子どもみんなで体を動かしました。
 ステージの周りでは、各町内や団体がグルメ広場を開催。ずらっと並んだテントからは、思わず足を止めてしまう美味しそうな匂いが!
 あいにく桜の見ごろは過ぎてしまいましたが、足元には一面ピンクの花びらが降り積もり、今年も東部台ふれあいさくらまつりは大盛況でした。
 
加蘇地区「高齢者ふれあい招待事業」開催!

312日(月)、「そば処 久我」にて、ひとり暮らしの高齢者を招待して、保健師、加園駐在員等の講話後、食事会をして健康増進や地域交流が行われました。

 
「北部地区福祉活動推進協議会研修会」が開催されました。
「北部地区福祉活動推進協議会研修会」が開催されました。の説明
2月27日(火)に北部地区福祉活動推進協議会主催の研修会が開催されました。研修会には地区社協の役員さんをはじめ、地区社協の各種事業に携わるボランティアの皆さんが参加されました。
今回の研修では、「生活支援体制整備事業」をテーマに社協職員が講師となり、住み慣れた地域でこれからどのようにしてより良い支え合いのネットワークを構築していく必要があるのか?ということをみんなで考え、共有できる時間となりました。
北部地区はひとりぐらし高齢者が市内で2番目に多い地区。だからこそ身近な人たちが一体となって地域を支えていくために、今後も地区社協の活動を通して取り組んでいきたいと思います。
 
北犬飼地区 そば打ち教室開催!!
先生作お手本のお蕎麦と食改さんの天ぷらに舌鼓!
先生作お手本のお蕎麦と食改さんの天ぷらに舌鼓!
こねるのが難しかったそば打ち…
出来上がったおそば、美味しーく、いただきます!
先生作お手本のお蕎麦と食改さんの天ぷらに舌鼓!
北犬飼地区 そば打ち教室開催!!の説明
 12月7日木曜日、北犬飼コミュニティセンター調理室においてそば打ち教室が開かれました。講師は「栃木のうまい蕎麦を食べる会」の5名の方々です。
そば打ちは毎年の恒例行事となっており、今年は15名の参加がありました。男性の参加者やはじめて参加された方も多く、地域の交流の場にもなっていました。
 教室のあとは、先生に打っていただいたおそばと地域の食生活改善推進員によるてんぷらが振舞われ、おなかいっぱいに!自分で打ったおそばはお土産になり、「家族と食べるのが楽しみ」「また参加したい」と好評でした。
 
「東部台地区クリスマス会」
クリスマス会スタートです!
クリスマス会スタートです!
「ふれあい」さん特製の手作りランチ
体操も行いました!
クリスマス会スタートです!
「東部台地区クリスマス会」の説明
 12月14日地域の高齢者を招待して、クリスマス会が開催されました。
 寒空のなか、当日は約40名もの方が来場し、会場は満員御礼となりました。
 参加者に振舞われた料理はボランティア「ふれあい」の皆さんが腕によりをかけた手作り!
 うどんに入っているキノコも東部台地区の皆さんが育てたものなんですよ!
 手作り感あふれるアットホームなイベントでした。
 
「南摩ふれあい農園収穫祭~15th」
もち米炊き
もち米炊き
市長も餅つきに参加!
搗きたてのお餅は美味しいねぇ!
地元中学生も餅つきにチャレンジ!!
お餅丸めが間に合わないほどの列…
もち米炊き
「南摩ふれあい農園収穫祭~15th」の説明
 12月2日(土)、南摩コミュニティセンターにおいて、南摩ふれあい農園収穫祭が開催されました。
 当日は天候にも恵まれ、農園委員をはじめ、地元小中学生、老人クラブの皆さんなど、160人余りが参加しました。南摩ふれあい農園は、田植え、稲刈り、収穫祭ができるまでの流れを体験し、大地の恵みを肌で感じることができる事業となります。
 市長をはじめ、地元中学生による餅つきは大いに盛り上がりました。できあがったお餅を、中学生がご高齢の方に運んでいる姿に優しさを感じ、そういった優しい気持ちにさせてくれるのも、この事業の素晴らしさだと思います。
 南摩ふれあい農園は、食べ物の大切さや人を思いやる気持ちを育む優しさあふれるイベントでした。
 
粕尾地区 「大越路おたっしゃクラブ」へおじゃましてきました。
粕尾地区 「大越路おたっしゃクラブ」へおじゃましてきました。の説明
 粕尾地区の大越路公民館で、月2回行われている高齢者サロン「大越路おたっしゃクラブ」に取材に行ってきました。
 本日のサロン活動メインイベントは……健康運動指導士・鈴木先生による体操教室開催です。 
 歌謡曲に合わせて体操をしたり、「あいうべ体操」で口腔体操を行いました。
 このサロンは民生委員だった方々が10年前に立ち上げたサロンで、毎回参加者が15名程度、中には90歳以上の方も参加されています。
 参加者のみなさんは「ここにきてお話するのが楽しみ!」「サロンの開催の日が待ち遠しい」など、終始みなさん笑い声が絶えません。
 皆さん、とても元気でこちらが元気を頂きました。
 
北犬飼地区 子育てサロン「あいあい」
北犬飼地区 子育てサロン「あいあい」の説明
 11月8日(水)10:00~ 鹿沼総合体育館フォレストアリーナにて子育てサロン「あいあい」が開催されました。「あいあい」は昨年末に立ち上がり、2ヶ月に1度開催しています。
 今回は初めての取り組みとして、宇都宮友の会と共同で開催。民生委員やボランティアの方が託児を、その間にお母さん達は子どものおやつや栄養、家計管理について学びました。
 お母さんと離れて最初は泣いていた子ども達も、慣れてくると元気いっぱいに遊んでいました。お母さんたちからも「子どもがいるとゆっくり出来る時間もないけど、見てくれていると安心して勉強できる」と好評の声があがっていました。地域みんなで子育て出来る環境がとても素敵ですね。
 
中央地区シニアライフみまもり隊総会
総会の様子
総会の様子
鹿沼市保健福祉部介護保険課 渡辺課長補佐による「介護保険制度について」の記念講演
総会の様子
中央地区シニアライフみまもり隊総会の説明
 11月5日(日)、鹿沼市総合福祉センターにおいて「中央地区シニアライフみまもり隊総会」が開催されました。
 当日は関係者総勢約70名もの多くの方が集まり総会を実施し、隊員により事例発表を行いました。
 また、鹿沼市保健福祉部介護保険課 渡辺課長補佐による「介護保険制度について」の記念講演等も行われました。
 事例発表や記念講演等を通し、高齢者が安心して暮らせるよう活動している地域の方々の思いや繋がりの大切さを改めて感じることができた総会でした。
 
第11回加蘇コミュニティまつり開催!
お囃子の様子
お囃子の様子
お囃子の様子
模擬店の様子
お囃子の様子
第11回加蘇コミュニティまつり開催!の説明
 10月29日(日)、年に一度の大イベント「加蘇コミュニティまつり」が開催されました。
 当日は雨にもかかわらず大勢の方が会場を訪れ大いに賑わいました。
 ステージでは地域の子どもたちによるお囃子や和太鼓演奏と栃木県警察音楽隊の演奏の他、たくさんの模擬店や体験・展示コーナーもあり、地域が一丸となった魅力あふれるのイベントとなりました。
 
加蘇地区高齢者サロン「エリザベス」のご紹介!
楽しいサロンの様子です!
楽しいサロンの様子です!
スタッフ大募集中です!!
楽しいサロンの様子です!
加蘇地区高齢者サロン「エリザベス」のご紹介!の説明
 加蘇地区では、毎月第2木曜日の13時から70歳以上の方を対象に、健康体操やカラオケなど、季節に合わせたイベントを開催しています。
 スタッフが心を込めて作った料理を食べながら、楽しい時間を過ごせる場所になっています。
 また、そんな楽しい場所をつくるスタッフさんも随時募集しています。
 少しでも興味をもたれた方は、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?
       
     
   
 
開 催 場 所:上久我第一自治会館  開催日時:毎月第2木曜日(13時から)
お問合せ先:090-7700-1526(代表:大貫秀利)
 
「第3回 東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
「くぐつ」による東大芦特別バージョンの人形劇
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
「第3回 東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」の説明
 10月29日(日)出会いの森総合運動公園で「第3回東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」が開催されました。
 当日は台風接近に伴う悪天候のため、メインステージやプログラムのタイムスケジュールを変更しての実施となりました。
 しかし、この悪条件の中でも「くぐつ」による東大芦特別バージョンの人形劇はお客さんの笑いを呼び、素晴らしいステージとなりました。
 また、Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンスで会場は盛り上がり、台風を吹き飛ばすような1日となりました。
   
ボランティアセンター
当協会に設置しているボランティアセンターについてご紹介いたします。
 
心配ごと相談
何かありましたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
 
在宅介護サービス事業
当協会ではさまざまな在宅介護サービスを実施しております。
 
貸付制度
さまざまな福祉を目的とした貸付制度です。お気軽にご相談ください。
 
社協会員募集
当会の会員になってくださる方を募集しております。
 
各種募金
皆様のご理解と更なるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
   
かぬま社協だより 第219号
かぬま社協だより 第219号 ( 2018-04-25 ・ 5206KB )
   
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361