社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

113957
 
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
【災害】佐賀県豪雨災害街頭募金お協力のお礼
2019-09-10
 9月7日、まちの駅新鹿沼宿にて「令和元年8月佐賀県豪雨災害」を支援するための街頭募金を行いました。
 たくさんの方々からご支援をいただき、74,424円の募金が集まりました。ご協力ありがとうございました。
 集まりました募金につきましては佐賀県の被災地へ送らせていただきます。
 またお忙しいところ佐藤信鹿沼市長が街頭募金にご協力くださいました。
 
【参加団体】
鹿沼市ボランティア連絡協議会
災害ボランティアグループ「チームかぬま」
点訳グループ「桐」
ボーイスカウト鹿沼第4団
鹿沼青年会議所
鹿沼東高校JRC部
鹿沼市社会福祉協議会
 
【報告】2019中高生ボランティアスクール(第3回勇気のでるチョコばなし)
2019-08-26
 7月31日、菊沢コミュニティセンターで障がいについて考え学ぶ機会として中田町のアカリチョコレートの上原晋さんに講演をいただきました。
 生まれながらに視覚障がいを持ち様々な困難を経験しながら、角膜移植によってチョコレートのショコラティエになる夢をかなえるまでの道のりを話していただきました。
 また2種類のチョコレートを選ぶゲームでは「人生は選択の連続である」ことを伝えたり、美味しいチョコレートドリンクの試飲をすることも行いました。
 参加した高校生からは「自分の知り合いの方にも角膜移植をされた方がいるが同じ思いをされた方同士が話したりする機会があまりないので、これからはそういう場や機会ができてくるとよいと思う」と話してくれました。
 
【報告】2019中高生ボランティアスクール(第2回森林ボランティア)
2019-08-26
 7月30日、日光市足尾で森林ボランティアとして植樹体験を行いました。
 今回はNPO足尾に緑を育てる会の皆さまに協力をいただき、1人1本ヤマザクラの苗木を植えました。
 その後学習センターで足尾銅山の歴史や足尾の町のことを映像と解説員の方からお話を聞き、見学を交えながら学習を深めました。 
 参加した中学生や高校生の皆さんからは、「知らないことがたくさんあった。今日体験したことや学んだことは家族や友人とも話をしてみたい」と話してくれました。当日の様子はとちぎテレビの取材がありその日の夕方に放送していただきました。
 
【報告】小学生ミニ福祉講座を開催しました
2019-07-31
 「盲導犬について学ぼう!」ということで、7/23.25で宇都宮市にある「東日本盲導犬センター」に小学生が勉強にいきました。視覚障がい者への理解や、街で盲導犬を見た時の注意点を学びました。そして、実際にアイマスクを装着しての体験もしました。
東日本盲導犬センターの皆様、お世話になりました。
 
【寄付】鹿沼木工団地協同組合より寄附を頂きました!
2019-07-31
 
7/23に「鹿沼木工団地協同組合様」より青空市の益金として善意銀行に205,690円の寄附を頂きました
市長公室で贈呈式を行いました。この寄附は、鹿沼市の福祉のために使わせていただきます。
ありがとうございました。
 
【募集】健康マージャンのお誘い
2019-07-22
 北部地区では、毎月第1・3水曜に、菊沢コミュニティセンターで「健康マージャン 北遊サロン」を開催しています。
 
 健康マージャンとは、「賭けない・飲まない・吸わない」をテーマに、介護予防や脳トレの効果が期待されています。
 北部地区の健康マージャンは、民生委員・児童委員協議会が主催し、女性や初心者の方でもルールを教わりながら遊ぶことができます。
 興味のある方はどうぞお気軽にご参加ください。
 
【災害】北海道足湯隊へタオルを送りました!
2019-07-22
 平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の被災された現地の方々に寄り添う支援として北海道内外の13団体による「北海道足湯隊」が活動されています。
 今でも現地では大変な思いをされている方々がおり、足湯をとおして一人ひとり地元の方の話を聞くことで心のケアに繋がっています。
 現地では足湯で使うタオルがまだまだ必要とのことで、私たち鹿沼市社会福祉協議会でも少しでも支援になるようにと、未使用のタオルを100枚程現地の事務局へ送らせていただきました。
 そのような大切な活動に少しでも支えになればと鹿沼市からエールが届けばよいと思っています。
 
【防災】「チームかぬま」が足立区の防災講座に協力!
2019-07-19
 7月19日、足立区の地域包括支援センター千住西において地域の方を対象として災害時の暮らしを考える防災講座が開催されました。
 足立区とは様々なところで連携しており、今回の講座では鹿沼市のチームかぬま足立区のチームあだちに協力して活動しました。
 地域の方がたくさん参加されていましたが、行政や社協職員や医療関係の職員の方なども一緒になって段ボールトイレ作りを行いました。災害時のトイレを通じて、グループごとに様々な意見を出し合いながら、皆さんで積極的に共有を図りながら有意義な研修となりました。
 
【報告】第46回 鹿沼市社会福祉大会が開催されました
2019-07-10
 6月29日(土)鹿沼市民文化センター大ホールにおいて、「第46回鹿沼市社会福祉大会」が開催され、約600名の参加がありました。
 第1部式典では社会福祉関係者への表彰、米寿者への記念品贈呈がおこなわれました。
 第2部では、俳優・タレントの毒蝮三太夫さんをお招きし、「マムシ流 高齢社会を考える」というテーマで講演。毒蝮さんの軽妙なトークに会場は終始、笑いの渦に包まれました。
        当日の様子
 
【報告】点訳グループ「桐」防災講座
2019-07-08
 点訳グループ「桐」主催の防災講座が開催されました。
 
1部は職員、柴田による避難行動と避難所生活について。
2部は職員、齋藤によるダンボールトイレ作成です。
 
約20名の参加者はとても熱心に、そして真剣に議論していました。
段ボールトイレを作りながら「災害時のトイレの大切さ」をあらためて共有できたと思います。
さらに、災害が発生しないことを願うものですが、起きた時の「顔見知りの力は絶大」ということを知っていただけたと思います。
 
最後にフードバンクへの寄付を頂きました。ありがとうございます。
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361