社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

095089
 

ブログ

 

徒然

徒然
フォーム
 
被災地支援日帰りボランティア 参加者感想文
2011-09-07
 日帰りボランティアも予定の半分が終了。この事業に毎回参加されているボランティアの吉川(あきら)さんからこれまでの感想をお寄せいただきました。
 吉川さんはフォレストアリーナが避難所になっていた時にも毎日のようにボランティアとして来ていただき、社協としても大変頼りになる存在です。
 
 
 3・11の震災後「今、自分に出来る事は?」と自問自答していた折、社協の総合体育館(アリーナ)でのボランティア募集が目に止まり、即応募して翌日より最終日までお手伝いをしました。
 終了後「さて、次は何を」と考えていた時にアリーナでのボランティア仲間の方よりこの企画の情報を知り応募したのが参加したキッカケでした。初回より参加し、11月の企画終了まで活動しようと思っております。
 毎回参加の都度思う事はこの鹿沼社協の企画の素晴らしい点です。
 社協のスタッフの皆さんのご努力により、誠に緻密な事前のリサーチ、現地とのコンダクト、その他アクセス等々のスケジュールアップの凄さです。
 その為我々一般ボランティアは非常に活動し易く、現地に入り即作業や活動が出来ます。 毎回の募集定員が11月の企画終了まで満杯状況も納得です。
 自分としては、11月終了後「さて次は何を」と現在模索中です。
 最後に一言!!「現状、被災地の復旧、復興は一部を除いてまったく進んでいないと云っても過言ではないと云う状況です」。
 
被災地支援ボランティアバス第6便(8月27日発)
2011-09-07
今回の参加者は35名。下は高校生から上はそのおじいちゃん・おばあちゃん世代まで老若男女とりまぜたチームでした。
活動場所は今回初めての宮城県亘理郡山元町 山寺北泥沼地区。活動内容は3軒の被災民家のガレキの片づけ・壁ボードはがし・草むしりなどでした。
 
山元町は太平洋に面し宮城県と福島県の県境にある町でいちご作りで盛んな所でした。
今回の震災では津波被害が甚大で、高さ10mもあった防波堤も破壊され住宅も1階まで浸水、JR常磐線も駅の破損や線路流失の被害があり、押し寄せた海水が10日も引かなかったと地元の方から伺いました。
 
鹿沼から4時間半で山元町着。リピーターの方にグループリーダーを務めてもらい、3グループに分かれて作業を行いました。リーダーから初めての方にアドバイスもあり、スムーズに作業が進みチームとしても一体感が出ました。
 
地元の方から「自宅に戻れないと考えていたが、今回ていねいにやってくれたからまた戻ってくる気持ちになりました」と言ってもらえました。ボランティアの皆さんがチーム一丸となってやってくれたことが、地元住民の復興への励みになると思いました。(柴田)
 
ドイツから義援金が届きました!
2011-08-30
 東日本大震災に伴う津波の被害から、飯館村に一次避難をされ、その後フォレストアリーナに二次避難をされ、その後鹿沼市に転入をされた南相馬市、浪江町の4世帯の方々に、遠くドイツはブァーブルグ市のキリスト教障害者支援センターHPZより、「希望への祈り」というミサで集まった支援金をいただきました。
 
 センター聖職者のコーペッツさんが何週間にも及ぶ「希望への祈り」というミサを行い、そこ
で沢山の方々から約570ユーロ(為替レートで61,360円)の支援金が集まりました。
 
 鹿沼市出身のDaake Yumiko様からの連絡で、出来る限り直接避難の方に支援金が届くように、との依頼を受け、鹿沼市社協の善意銀行を通じて均等割りをした15,340円をお届けしました。
 
 不慣れな土地で不安を抱えながら、新生活を送る避難されてきた皆様にとって、はるかドイツの地から届いたあたたかなお気持ちは、何よりの励ましになったのではないかと思います。  (福田)
 
↓ ドイツの新聞記事はこちらです ↓
 
被災地派遣報告(派遣先 福島県郡山市 ビッグパレットふくしま)
2011-08-24
足湯は会話がはずみます
足湯のボランティアグループ
ドリカムのライブ風景
 8月16日(火)から21日(日)までの6日間、栃木県社会福祉協議会からの派遣要請を受け、複合コンベンション施設「ビッグパレットふくしま」(福島県郡山市)に避難をしている川内村社協へ運営支援に行ってきました。
 福島第一原子力発電所の事故により、住み慣れた地域から避難することを強いられ、3月16日に郡山市へ避難。ビッグパレットには当初2,400名近くの方が避難されていましたが、震災から5ヶ月経ち、現在は約140名の方が避難所生活を送り、その他の方は仮設住宅や借り上げ住宅への生活に切り替えたとのことです。
 川内村社協の活動も「避難所支援」から「生活支援」へと転換する中、現在「おだがいさまセンター」という生活支援ボランティアセンターを運営しています。ボランティアのニーズ把握・マッチング等の一連の活動のほか、「避難所住民の参加を促す活動」を行うことによって、きめ細やかな寄り添った支援活動を展開しています。福島県内だけでなく、県外へ避難された住民の方のためにもこういった活動は必要だと思いました。
 「避難所住民の参加を促す活動」の一環で定期的に発行される情報誌「みでやっぺ」による情報提供、避難所内にミニFM局を設置して月曜日から金曜日まで音楽での癒しや情報提供なども行っています。“おだがいさまセンターがきっかけを作る”ことにより、ひとりひとりの生活意欲の向上につながっていくそうです。
 現地での活動中に足湯ボランティアの活動を見学し、いろいろとお話をさせていただきました。避難所生活を余儀なくされた住民の手や足をマッサージしながら会話をし、直接的なコミュニケーションを図ることによって、「支援を受ける」「支援をする」の相互作用も働き、より良い支援が行えるものだということが分かりました。足湯を利用する住民の方は身体的にも精神的にもリラックスしている表情をしながら、「気持ちいいね〜」と笑顔でいろいろお話をしてくださいました。
 また、21日には被災を受けた皆さんを応援したい!というアーティスト(なんとドリカム!)によるミニライブも開催され、会場の皆様はそのパワーを全身で受け止め、これからも負けない強い気持ちを持たれたことと思います。
 なお、ビッグパレットふくしまの避難所は8月末を以て閉鎖となります。ここで出会った皆さんの強い“絆”をこれからの新しい生活にも絶えることなく繋がっていくこと、そのために今後もいろいろな支援が出来たらいいな…私たち社協職員にも心の中に芽生えた「夢」「希望」「願い」という気持ちをこれからも持ち続けて支援をしていきたいと感じました。   (福田)
 
支援物資運搬を終了しました
2011-08-12
現地の方が物資を運びます
気仙沼市の仮設住宅に届きました
住民たちで配付します
 6月30日に「日本国際飢餓対策機構 仙台物資倉庫」(宮城県仙台市)に社協職員2名が物資運搬。大人用の衣類や赤ちゃん用品、歯ブラシなどの生活用品やおもちゃなどをお届けしました。
 7月9日・8月3日に「共同支援ネットワーク」(宮城県仙台市)を通じて宮城県・福島県の仮設住宅に物資送付。寝具や冷蔵庫などの家電、洗剤などの生活用品などをお届けしました。この2回は栃木県トラック協会鹿沼支部のご協力により、「有限会社 野中運送」様に物資の運搬をお願いしました。
 現在、宮城県内では仮設住宅や入居が急ピッチで進んでおりますが、入居されている住民の方たちへの支援はまだ十分ではありません。中には布団も家族分支給されておらず、座布団とバスタオルだけで寝ているご家庭もあり、大変な状況はいまだに続いています。
 
 鹿沼社協では、フォレストアリーナが避難所となっていた際に皆さまからお寄せいただいた支援物資を再仕分けし、8回にわたり被災された方たちにお届けしてまいりました。これまでで社協で管理・保管していた支援物資は無駄にすることなくお届けすることができましたので、今回をもちまして物資運搬は終了させていただきます。 
(柴田)
 
現地の状況は刻々と変化しており、現在、鹿沼市社会福祉協議会では物資の受け入れは行っていませんのでご了承ください。

 

鹿沼市総合福祉センターからのお知らせ

鹿沼市総合福祉センターからのお知らせ
フォーム
 
総合福祉センターの混雑状況
2011-02-07
2月15日午前中、2月17日午後、3月9日午後は駐車場が非常に混雑します。
利用者の皆さん、乗り合わせや公共交通機関の利用などご協力をお願いします。
 

通所介護(デイサービス)行事実施状況など

通所介護(デイサービス)行事実施状況など
フォーム
 
社協デイサービスセンター 6月行事報告
2011-06-22
星の宮公園にお散歩に行きました。
あずまやでお茶を飲みくつろぎました。
2
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361