社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

088793
 

ボランティアセンター

  • ホーム  > 
  • ボランティアセンター
   
鹿沼市社会福祉協議会にはボランティアセンター(善意銀行)が設置されています。善意を活かすための各種機能がありますので、多くの市民の皆様に活用いただければと思います。

ボランティアセンターのご紹介ボランティアってなあに?活動内容善意銀行

 

ボランティアセンターのご紹介

ボランティアセンターのご紹介
 
ボランティアセンターとは?
ボランティアがともにつどい、学びあいの場として、さらに連帯の輪を広げるための拠点です。また、ボランティア活動をしやすいように環境を整備し、活動を推進してくためにさまざまな援助を行っています。さらに、市民からの善意の寄付をお預かりし福祉のために有効に活用しています。


 
ボランティアセンターのおもな機能と役割
   
○ ボランティア活動希望者、ボランティアを必要とする人の相談
○ ボランティアグループの育成と援助
○ ボランティア(活動)に関する情報提供
○ 住民のニーズに応えるための新しいボランティア活動
  プログラムの開発・普及
○ ボランティアスクール等各種講座の開催
○ 福祉機材等の貸出
  (車いす、アイマスク、イベント用機材など)
○ 福祉教育の推進
○ ボランティア関係団体、市民活動団体との連絡・調整
○ ボランティア活動中の事故に備えての保険加入促進
○ 市民からの善意の寄付の受付(善意銀行)

 

ボランティアってなあに?

ボランティアってなあに?
 
人から強制されるのではなく、自分に出来る事をそれぞれの生活の中で考え実践していくこと…
ボランティア活動はそんなささやかな心づかいから始まります。


   
1.自主性 他から強制されたり、義務としてではなく自分の意志で責任を持って行うこと。
 
  2.社会性 自分のためではなく、社会のために行うこと。
3.無償性 金銭の報酬を期待して行うものではなく、人との出会いや喜び、
充実感を得ることが出来ます。
 
  4.創造性 周りの色々なことに目を向け、何が必要なのかを考え積極的に活動すること。
5.継続性 継続して活動をすることこそ自分にとっても社会にとっても意味のあるものとなります。      

 

活動内容

活動内容
 
● ボランティア養成講座・ボランティアスクールの開催
  お話ボランティア養成講座
  手話講座
  点訳講座
  朗読講座
  中学生・高校生ボランティアスクール(毎年7月〜8月の夏休み期間に開催)
 
● ふくしの保険の加入
  ボランティア活動保険
  ボランティア行事用保険
  福祉サービス総合補償
  送迎サービス補償
● 福祉機材の貸出
  車いす
  高齢者疑似体験セット
  杖・アイマスク(体験用)
  イベント機材(ぬいぐるみ 他)

 
 
地域ケアリーダー養成講座
災害ボランティア養成講座
 
お話ボランティア養成講座
お話ボランティア養成講座の様子です。
講座修了者は独居老人等のお話相手として活躍されています。

 
中学生・高校生ボランティアスクール
中学生・高校生ボランティアスクール
“いきいき夏休み”の様子です。初めての点字体験にみんな真剣です。
 
手話講座
手話講座の様子です。
みなさん熱心に学んでいました。
 

善意銀行

善意銀行
 
〜あなたと福祉をつなぐ窓口銀行です〜
鹿沼市社会福祉協議会には「善意銀行」が設置されています。銀行といっても一般の銀行とは異なり、市民の方々の善意による金品・物品の預託(寄付)を受け、預託者の意志に添うようなかたちで預託の払い出しを行っています。また、預託の指定がない場合でも地域福祉の増進に資するよう活用させていただいております。

◆ このようなものを受け付けしています ◆
 
 
金銭 物品 災害
 
このように活用されています 活用例
 
※ 預託いただいた方々のご希望に添って有効に活用させていただいています。

今後ともご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

 

機材の貸し出しについて

機材の貸し出しについて
 
機材の貸し出しについて
鹿沼市社会福祉協議会では福祉啓発のため機材の貸し出しを行っています。
機材は福祉啓発行事などで販売や材料費等の徴収をしないことを条件に無料で貸し出します。
故障等の場合利用者の負担により修繕をしてから返却してください。
また、着ぐるみについてはクリーニング店でのクリーニングを利用者負担で済ませてから返却してください。
行事等で使用する場合団体の代表者の印鑑が申請に必要になります。
申請書は様式集からダウンロードしてご使用ください。
詳しくは鹿社協までお問い合わせください。

機材
車椅子、高齢者疑似体験セット、着ぐるみ、綿菓子機、ポップコーン機、焼きいも機など
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361