社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

085548
 

登録団体活動報告

 

登録団体活動報告

登録団体活動報告
フォーム
 
【第6便】 チームかぬま Are Go!!
2012-10-18
女子1
女子2
女子3
 平成24年10月13日、チームかぬま第6便が6度目の宮城県亘理郡山元町に総勢9名で行ってきました。(今回はボランティア女子会。男性2名に女性が7名…)
 
 今回の任務も、4回連続で入っているイチゴ農家さんへの継続支援として、徐々に慣れてきたビニールハウスの設置のお手伝いと、新規の諸々の作業でした。
 風は強かったですが、晴天に恵まれ、ビニールハウスの側面のビニール張り3棟分と、古いビニール剥がし作業が1棟分、古いイチゴの苗と雑草の除去とその処理を1棟分と、イチゴ育成用のパレット600個!!の洗浄作業などなどを行ってきました。
 今回も初めての作業があり、戸惑う状況もありましたが、メンバーは脂ののった女性陣!まさにボランティア女子会さながらに、作業は楽しく(華やかに?)はかどりました。
  今回も、支援に入った農家さんの丁寧な指導の下、安全に作業を進めてきました。
 ボランティア活動は常に一杯あり、農作業の大変さ、農家さんの苦労を知る上でも非常に貴重な経験をさせてもらっています。
また、復興に向けてはまだまだ人手が必要な状況であることを毎回訪問するたびに痛感させられます。まだまだ復興支援に頑張らないと…
 これからも安全な支援活動をモットーに、チームかぬまは長期に渡る被災地の復興支援に取り組んでまいります!!
(文責:事務局 吉川)
 
【第5便】 チームかぬま Are Go!!
2012-10-01
平成24年9月15日、チームかぬま第5便が5度目の宮城県亘理郡山元町に総勢9名で行ってきました。
 今回の任務も、3回連続で入っているイチゴ農家さんへの継続支援として、新たに資材の届いたビニールハウスの設置のお手伝いをしてきました。
 天候に恵まれ、残暑厳しい晴天の中、ビニールハウスのパイプの設置3棟分と、アンカーの埋設などなどを行ってきました。
 初めての作業でみなさん戸惑っていましたが、メンバーのお一人が設備屋さんで、電気ドラムリールなどを持参協力してくれたため、作業は楽しく(順調に?)はかどりました。
 
      (▲作業の様子です!また日焼けして、黒さが増しましたが…▲)。
 支援に入った農家さんの丁寧な指導の下、事前の安全点検を徹底し、「蜂の巣」等に注意をしながら、安全に作業を進めました。(ポイズンリムーバも救急箱に常備しました!) 昼休みの時間を利用し、以前に支援に入ったパプリカ農家さんの状況確認に伺ってみましたが、こちらもまだまだ人手が必要な状況であることを改めて認識させられました。
 これからも安全な支援活動をモットーに、チームかぬまは長期に渡る被災地の復興支援に取り組んでいきます!!
(文責:事務局 若林)
 
【第4便】チームかぬまBグループ Are Go!!
2012-08-31
 平成24年8月25日、チームかぬま(Bグループ)第4便が4度目の宮城県亘理郡山元町に総勢8名で行ってきました。
 今回の任務は、前回の便で伺ったイチゴ農家さんへの再支援として、ビニールハウスの冬用の内張りを張るお手伝いをしてきました。
 今回も天候に恵まれ、暑い夏日の中、ビニールハウスの外幕1棟分、内張り3棟分を張ってきました。
 ビニールは風にあおられ、また、日差しがあると熱がこもり、メンバーは汗だくで作業を行いました(また日焼けして、黒さが増しました…)。
 支援に入った農家さんの丁寧な指導の下、作業は順調(?)に進みました、が、ボランティアワゴン初のケガ人(蜂刺され)を出してしまいました。
 作業工程は問題なく進んだのですが、蜂の巣には気づかずに作業を行ったための事故でした。
 このことを、今後の活動の教訓として、改めて安全点検をしっかり行おうと、気を引き締めた1日となりました。
 
 これから、より一層安全に、チームかぬまは被災地の復興支援に取り組んでいきます。
 
(文責:事務局 若林)
 
ボランティアグループ「チームかぬま」主催の日程について
2012-08-27
運行日程は以下のとおりになります。
9月15日(土)、10月13日(土)、12月8日(土)です。定員は10名です(運転手を含めます)。
 なお、11月10日(土)便については、ほぼ1年ぶりとなる中型バスの予約をしており、「日帰りボランティアバス」を運行します。
 参加者の状況によりワゴンも同時運行し、最大35名で被災地支援に向かいます。
参加者は、メンバーを優先といたしますが、席に余裕が出た場合、一般の方の受付も合わせて行います。
 
※ このボランティアグループ「チームかぬま」は、被災地支援や鹿沼市内でのボラン
ティア活動等を目的としている団体です。
「チームかぬま」へ登録を希望される方は、登録カードの提出と年会費1,500円
(ボランティア保険代490円が含まれます)の納入が必要です。
※「チームかぬま」へのお問い合わせ・登録は:鹿沼市社会福祉協議会福田・上澤まで。
TEL 65−5191
 
※ 定員を超えた場合には、参加回数や作業内容を考慮し選考いたします。
※ 選にもれた方は、次回希望される便で、優先的に参加出来るよう配慮を致します。
※ 参加をされる場合には事前に「ボランティア保険」への加入をお願いします。
 
 申し込みにつきましては期限を設けていますので、ご確認ください。
5
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361