社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

088793
 

17地区社協活動報告

  • ホーム  > 
  • 17地区社協活動報告
 

中央地区福祉活動推進協議会の活動報告

中央地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
中央地区みまもり隊総会(発足式)
中央地区みまもり隊総会(発足式)の説明
 中央地区のみまもり隊(隊員計47名)の組織化のため、関係団体(中央地区福祉活動推進協議会・民生委員児童委員協議会)関係者総勢69名もの多くの方々が集まり、発足式及び総会を実施しました。
 会則や事業計画、役員の承認を満場一致で採択され、その後、「今、なぜみまもりが必要なのか?」と題して、鹿沼市役所保健福祉部厚生課日向野久仁子課長補佐による記念講演等も行われました。

 
「中央地区シニアライフみまもり隊」の地区外研修
中央地区福祉活動推進協議会役員とみまもり隊員の方々との参加者集合写真
中央地区福祉活動推進協議会役員とみまもり隊員の方々との参加者集合写真
大田原市社協との意見交換会の様子
「安心生活創造事業」の概要説明を熱心に聞いています
中央地区福祉活動推進協議会役員とみまもり隊員の方々との参加者集合写真
「中央地区シニアライフみまもり隊」の地区外研修の説明

7月12日の火曜日、中央地区福祉活動推進協議会会長をはじめ、みまもり隊隊長ほか5名、社協職員2名の7名にて大田原市社協に視察研修に行ってきました。

 午前中は、那須与一伝承館にて那須氏伝来の古文書や書画、刀剣などの展示を見学しました。

 昼食をはさみ、午後は、大田原市社協にて「安心生活創造事業」の概要や取り組み等について学び、意見交換会では、質問が飛び交うなど、参加者一同大いに刺激を受けて帰ってきました。
 
中央地区敬老会が開催されました!
日吉保育園児による和太鼓の演奏
日吉保育園児による和太鼓の演奏
ご来場の皆様、ご長寿おめでとうございます!
日吉保育園児による和太鼓の演奏
中央地区敬老会が開催されました!の説明
 9月18日(日)10:00より、鹿沼市民文化センター小ホールにおいて、中央地区敬老会が開催されました。
 当日はあいにくの雨模様でしたが、多くの高齢者が来場され、大正琴の演奏や、日吉保育園児による和太鼓演奏を楽しんでいるようでした。
中央地区敬老会の様子   (2016-09-18・371KB)
 
第2回中央地区シニアライフみまもり隊総会
南押原地区シニアライフ見守り隊の活動事例発表
南押原地区シニアライフ見守り隊の活動事例発表
70名の中央地区シニアライフみまもり隊隊員が一同に会しました!
南押原地区シニアライフ見守り隊の活動事例発表
第2回中央地区シニアライフみまもり隊総会の説明
11月6日(日)、鹿沼市総合福祉センターにおいて「第2回中央地区シニアライフみまもり隊総会」が開催されました。当日は関係者総勢約70名もの多くの方が集まり総会を実施し、隊員により事例発表を行いました。また、南押原地区シニアライフみまもり隊隊長中山健治様による「みまもり隊隊員活動事例発表について」や鹿沼中央地域包括支援センター相良秀一様による「認知症について」の記念講演等も行われました。
 
中央地区 「地域活性化の集い」開催
鹿沼市地域活動支援課課長補佐亀山さんの講話
鹿沼市地域活動支援課課長補佐亀山さんの講話
地域の活性化を真剣に考える地域の皆さん
鹿沼市地域活動支援課課長補佐亀山さんの講話
中央地区 「地域活性化の集い」開催の説明
2/11(土)第2期地域福祉活動計画の一環として、地区福祉活動推進協議会主催の「地域活性化の集い」が開催されました。市地域活動支援課課長田野井秀雄さんと同課長補佐亀山貴則さんを講師として、なぜ今“地域の活性化”が必要なのかをお話しいただきました。その後、社協地域福祉課職員が“地域福祉と地区社協”について話をしました。ご参加いただいた地区の方々は、和やかな中にも真剣にメモを取る姿も見られ、実り多き“集い”となりました。
 

東部地区福祉活動推進協議会の活動報告

東部地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
「 ✿ほっとサロンあさひでお花見をしました✿ 」
春爛漫、桜は満開です!
春爛漫、桜は満開です!
桜の樹の下で、ハイチーズ!
皆さん笑顔で集合写真撮影
桜の樹の下でお弁当会
春の味、タケノコご飯をご賞味中
春爛漫、桜は満開です!
「 ✿ほっとサロンあさひでお花見をしました✿ 」の説明
 4月10日(月)ほっとサロンあさひのメンバーがお花見にいきました。場所は黒川の河川敷。遊歩道に沿って並んだ桜の木も満開で絶好のお花見日和でした。お昼も春らしくタケノコご飯のお弁当をみんなでモグモグ。穏やかな春の陽気に包まれて楽しいお花見となりました。
 

菊沢地区コミュニティ推進協議会の活動報告

菊沢地区コミュニティ推進協議会の活動報告
 
第11回「菊沢地区ふれあい祭り」

 11月24日(月)、菊沢コミュニティセンターを会場にふれあい祭りが開催されました。
天候は晴れたり曇ったりと少し肌寒さを感じましたが、会場は大勢の来場者でいっぱいになっていました。
建物内では福祉バザーが行われ、日用品や農産物が商品となり、大勢の方がバザーに参加しレジは大忙し。
広い駐車場ではたくさんの模擬店が並び、焼きそばやフランクフルト、その他いろいろな出店から美味しそうな匂いがプンプンしていました。
メインともいえるアトラクションでは、北小学校のマーチングバンド部の演奏の他、なんと!栃木県警察音楽隊が生演奏を披露してくれました。
今話題の妖怪ウォッチのテーマソングやAKB48の恋するフォーチュンクッキーを演奏!見ていた子どもたちはのりのりで踊っていました。
その他、大正琴の演奏や鹿沼市のヒーロー絢欄郷士カヌマンのヒーローショーと、盛りだくさんの内容。
最後には大抽選会が行われ、特賞なんと国内旅行券2万円分1本と1等、国内旅行券1万円分が3本、2等から3等でも商品券が50本もあり豪華な抽選会となりました。
鹿沼でも楽しいイベントがたくさん開催されていますので、気になる地区へGO!GO!
 
菊沢地区『三世代交流事業』開催!
菊沢地区『三世代交流事業』開催!の説明

 昨年、鹿沼市に甚大な被害をもたらした「関東・東北豪雨」の水害により、9月に開催を予定していて延長になっていた三世代交流事業が2月14日(日)、菊沢コミュニティセンターで開催されました。

 当日の天気予報では雨と強風が予報されていましたが、予報ははずれ、10時過ぎから段々と晴れだし、気温もぐんぐん上がり、2月とは思えないとても暖かい陽気になりました。

 菊沢コミュニティセンターの敷地内が会場となり、屋内ではストラックアウト、輪投げ、空き缶積、ゴム鉄砲つくり体験、交通安全カルタなどが行われ、屋外では地震体験車で地震を体験することができたり、消防服を着て記念撮影。その他、一輪車、フラフープ、竹馬などの体験ができます。

 お昼には、つきたてのお餅や、豚汁、カレーライスなどが振る舞われました。

 この三世代交流事業では、子どもから青年・中年・高齢者まで障がいの有無に関わらず、地域の人が世代を超えて、共に学びふれあいができる場をつくる目的として開催されています。

 興味のある方は、是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

北押原地区福祉活動推進協議会の活動報告

北押原地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
北押原地区「友愛のつどい」開催!
満金留男さんの「相撲甚句漫談」で大笑い
満金留男さんの「相撲甚句漫談」で大笑い
さといもの会の演奏で、会場も大合唱!
満金留男さんの「相撲甚句漫談」で大笑い
北押原地区「友愛のつどい」開催!の説明

33日木曜日に北押原コミュニティセンターにて「友愛のつどい」が開催されました。この日は寒さを吹き飛ばす強い日差しと風に見舞われましたが、約100名の方が参加されました。

午前中は満金留男さんの「相撲甚句漫談」と上田ひとみさんの「童謡」で会場は笑い声と美しい歌声で包まれました。午後は参加された方々のカラオケ大会、北押原地区が誇るさといもの会のボランティアの演奏による合唱を行いました。参加された方々にとっては、有意義な一日となったに違いない充実した内容でした。
 
北押原地区「みなみ町 防災訓練」

 11月16日(日)に鹿沼市みなみ町にて「防災訓練」が実施されました。みなみ町自治会では、東日本大震災発生以降、平成24年より年1回実施しています。
3回目となる今年度の訓練の内容は、地震でガスタンクからの火災発生を想定し、避難するものでした。また、消火器を使う訓練や発電機の稼働テスト、炊き出しを行いました。
今年は前年よりも20人多い258人が参加。皆、役割を認識し、助け合いながらスムーズに避難場所へ避難される姿が印象的でした。
 
北押原フレンドフェスタ

 10月26日(日)に北押原コミュニティセンターにて「第1回目北押原フレンドフェスタ」が開催されました。
屋内では鹿沼南高校吹奏楽部による演奏や北押原小学校の児童による奈佐原文楽が行われ、日頃の練習の成果を十分に発揮されました。また、屋外では「ボランティアグループ チームかぬま」のわかめの販売をはじめとする20店以上の模擬店があり、2,500人以上の方が来場され盛大な盛り上がりを見せました。
北押原中学校の生徒もボランティアとして39人が参加し、高齢者の案内サポートなど、沢山活躍していました。
閉会式の前に行われた大抽選会では、抽選券を片手に握りしめ、自分の番号が呼ばれると勢いよく壇上まで走っていく皆さんの姿が印象的でした。
 
「みなみ町自主防災会」の避難訓練が実施されました
赤嶺自治会長の挨拶
赤嶺自治会長の挨拶
地区ごとに避難
非常食の配布
模擬消火訓練
赤嶺自治会長の挨拶
「みなみ町自主防災会」の避難訓練が実施されましたの説明

11月20日(日)9時30分、サイレンの音と共に「みなみ町自主防災会」の避難訓練が開始されました。小さなお子さんを含む213名の住民が、鹿沼南高校の敷地に地域ごとに避難しました。避難後、班長が避難者数を報告、民生委員児童委員は自力で避難することが困難な高齢者等の避難を確認しました。役割分担を明確にした訓練は、今年で5年目を迎えます。

その後、消防本部職員より消火器の使い方の説明を受け、消火器を使用した模擬消火訓練を実施しました。消火器は15秒程度しか使用できないので、火が消えるよう真剣に取り組んでいました。

赤嶺自治会長からは、「縦と横のつながりが大切。日頃から地域内で人間関係を深めながら、いざという時に助け合える地域にしていきましょう」とお話がありました。非常時に備え、地域力を高めていくことは大切なことだと実感する訓練になりました。
 

板荷コミュニティ推進協議会の活動報告

板荷コミュニティ推進協議会の活動報告
 
板荷でA型給食開始

 高齢者宅に地域の方が月1回程度お弁当を配達する「A型給食」。
このたび板荷地区でもA型給食が始まりました。
板荷地区では、障害者施設等を運営する「東京愛隣会」(茂呂)で作られたお弁当を、民生委員が配達します。
配食予定者数は24名。11月から3月までの間、月1回の訪問となります。             (菊池)
 

西大芦福祉活動推進協議会の活動報告

西大芦福祉活動推進協議会の活動報告
 
「西大芦いきいきほっとホーム総会」に参加してきました!
福田文夫いきいきほっとホーム会長の挨拶
福田文夫いきいきほっとホーム会長の挨拶
池澤光男市社協会長の挨拶
鹿沼市高齢福祉課長の挨拶(松本主事代読)
星野一之西大芦地区自治会協議会長の挨拶
柴田幸子副会長の事業報告
柴田貞子会計の決算報告
福田文夫いきいきほっとホーム会長の挨拶
「西大芦いきいきほっとホーム総会」に参加してきました!の説明

4月27日(木)、西大芦いきいきほっとホーム総会に、市社協会長と総務係長と担当で参加をさせて頂きました。

 来賓には市の高齢福祉課長(代理)、星野地区自治会協議会長等が臨席をされ、地域全体での連携した取り組み、先駆的出張ほっとホームの取り組み、ほっとホームの活動による高齢者等の社会的孤立感の解消等高く評価をされていました。

 平成28年度の事業報告と決算報告の承認、平成29年度の事業計画案と収支予算案

も承認をされました。

 楽しい計画の中に、西大芦小学校との交流事業が有りますが、本年度が最後との話…

 地域交流の中心であった小学校の閉校は寂しい限りではありますが、引き続き地域の

取り組みとして、ほっとホーム活動が地域交流の場として、更に盛り上がっていくことを期待しています。

 【西大芦いきいきほっとホーム】

開催日:火曜日・木曜日・土曜日・開所時間:午前10時から午後3

会 場:鹿沼市草久376-1(西大芦東生活改善センター横)

  お問合せ:74-2067
 
四半世紀にわたる伝統講座開催!
歴史を感じる看板
歴史を感じる看板
上澤好文地区福祉活動推進協議会長の開会の挨拶
橿渕元美保健師・福田尚美保健師による健康講座
右手と左手の動きが難しい…
健康活跳日21体操”K”のポーズ
大いに盛り上がってます、カラオケ大会
ふれあい昼食会のメニューです、美味しそう!
いただきます!!
歴史を感じる看板
四半世紀にわたる伝統講座開催!の説明

西大芦地区福祉活動推進協議会と西大芦コミュニティセンター共催による「第25回リフレッシュ講座」が、3月11日(土)晴天のもと西大芦コミュニティセンターにおいて、参加者・役員合わせて57名の参加者を集め、盛大に開催されました。

“介護をされる方にも、年に一度位はリフレッシュをしてもらおう” との成り立ちから、現在では、健康づくりと地域交流事業として醸成され、四半世紀にわたり、西大芦地区において連綿と受け継がれてきた講座になります。

毎年趣向を凝らした内容で、本年は健康づくり講座で体を動かした後、みんなで楽しく歌いましょうとカラオケ大会を実施。昭和の曲に合わせてみなさん予定時間を超えての大熱唱となりました。

カラオケ大会の後は、お待ちかねのふれあい昼食会、具だくさんのお味噌汁とお寿司、デザートのフルーツをいただきながら、参加者の皆さんと主催者の役員の皆さんが一緒に美味しい交流会を楽しみました。

来年の開催が待ち遠しいね、そんな声の聞こえる閉講式となりました。

 
西大芦地区 第10回 秋のこどもお楽しみ教室開催!!
全体写真「はいっ!チーズ!」綺麗に植えられました。
全体写真「はいっ!チーズ!」綺麗に植えられました。
盲導犬についてお話を聞いています。みな真剣です!
盲導犬体験中…おっかなびっくり!でも、徐々に慣れていきます。
ふれあい昼食会の様子
全体写真「はいっ!チーズ!」綺麗に植えられました。
西大芦地区 第10回 秋のこどもお楽しみ教室開催!!の説明

11月27日の日曜日、西大芦コミュニティセンターにおいて西大芦地区福祉活動推進協議会主催、西大芦地区民生委員児童委員協議会、西大芦地区青少年育成市民会議、食生活改善推進員西大芦支部共催により、天候が危惧されましたが、西大芦地区のこどもたちの元気に、雨雲も活動を停止してくれ(?)『秋のこどもお楽しみ教室』が盛会に開催されました。

この事業も年数を重ね、今年で記念すべき10年目、第10回の開催となりました。

 今回も地区の小学生と未就学児童合わせて21名が参加をされました。

 今回植えられたパンジーのプランターは、西大芦小学校、西大芦コミュニティセンター、西大芦駐在所、西大芦いきいきほっとホーム、小規模多機能芦の子田中さん家にそれぞれ飾られますので、機会があればぜひご覧ください。

 

鉢植え終了後は会場を西大芦小学校体育館に移して、公益財団法人東日本盲導犬協会の協力による盲導犬体験が行われました。

 シェルビー号とウォルト号2頭の盲導犬(訓練犬)たちと訓練士さんお二人が、こどもたちに視覚のしょうがいってどういうこと?盲導犬のお仕事は?等のお話をお聞きし、盲導犬への理解を深めたところで、お待ちかねの盲導犬体験です。

かわいくおりこうに待っていた盲導犬とアイマスクを装着して仮設のコースを歩きます。最初はみんな怖がっていましたが、歩き出すと盲導犬のお仕事の妙、不安なく歩ける、怖くないと声が上がり、体験後は皆盲導犬に「グッド!」と声をかけ、楽しく体験ができました。

最後のお楽しみは「ふれあい昼食会」、食生活改善推進員西大芦支部の皆様の協力による「おにぎり」と「トン汁」、こどもたちにはジョアも付いてます。         

皆さん思い思いの具材の「おにぎり」を取り、美味しそうに食べていました。

 この度の参加費については、上澤西大芦地区民生委員児童委員協議会長より公益財団法人東日本盲導犬協会にご寄付をさせていただきました。

参加されたみなさんの善意を有効に活用させて頂きます。ご協力誠にありがとうございました。

第10回 秋のこどもお楽しみ教室の様子   (655KB)
 
西大芦いきいきほっとホーム管理運営委員会総会に参加しました。
総会の様子
総会の様子
上澤前会長、2年間大変お世話になりました。
福田新会長、よろしくお願いいたします。
総会の様子
西大芦いきいきほっとホーム管理運営委員会総会に参加しました。の説明

426日に開催された西大芦いきいきほっとホーム平成28年度総会に、会長と事務局長と地区担当職員とで参加をさせて頂きました。

高齢化率が50%に近い地域と言うこともあってか、福祉活動推進協議会委員をはじめとする地域の有志の皆さんが、いきがい活動援助員や活動サポーターさんとなり、地域の高齢者に寄り添いながら活動を支えています。

 

本年の総会も来賓の方々をはじめ、多くの運営委員や活動委員合せて35名が出席され、平成27年度の活動・決算報告と平成28年度の活動計画・収支予算及び役員改選について話し合われました。

 

西大芦のいきいきほっとホームに興味のある方は、お気軽に下記までお問い合わせください。
 
お問い合わせ先:西大芦いきいきほっとホーム
話:0289-74-2067
開設日:毎週火・木・土曜日の午前10時~午後3時
 
西大芦地区 平成28年度ふれあいゲートボール大会
◎大会会長の神山喜一西大芦地区福祉活動推進協議会長の挨拶
◎大会会長の神山喜一西大芦地区福祉活動推進協議会長の挨拶
◎開会式の様子
◎競技会長の大貫輝夫西大芦ゲートボール協会長の挨拶
◎競技上の注意説明を行う神山壽美さん
◎西大芦コミュニティセンターの高橋所長も参加中
◎ふれあい昼食会の様子(メニューはカレーライスです。)
◎大会会長の神山喜一西大芦地区福祉活動推進協議会長の挨拶
西大芦地区 平成28年度ふれあいゲートボール大会の説明
朝方までの雨で開催が心配されましたが、大会役員と参加者皆さんの日頃の行いの良さ(?)が功を奏して、ふれあいゲートボール大会がフォレストビレッジ多目的広場を会場に盛大に開催されました。
 この大会は、西大芦地区内の世代間交流を図る目的で行われているもので、小学生から高齢者まで自由に参加いただける大会となります。
 今年は総勢91名の方がエントリーされ、チーム内及び対戦チームで、他の区の同級生などと旧交を温めたり、新しい交流を図りながら、各々にゲートボールを楽しまれていました。
 試合が終了した後は、婦人会の皆様に協力をいただいたふれあい昼食会で、愛情たっぷりのカレーライスを頬張り、楽しい大会も終了となりました。
 
西大芦地区『秋のこどもお楽しみ教室』開催!
完成した鉢植えを前に参加者全員で記念撮影
完成した鉢植えを前に参加者全員で記念撮影
皆で「頂きまぁーす!」
完成した鉢植えを前に参加者全員で記念撮影
西大芦地区『秋のこどもお楽しみ教室』開催!の説明

12月5日の土曜日、冬晴れの下で西大芦地区民生委員児童委員協議会主催、西大芦青少年育成市民会議・食生活改善推進員西大芦支部共催により、師走の時期ではありますが、『秋のこどもお楽しみ教室』が開催されました。

 この事業は毎年夏と秋の2回実施され、本年で9年目とのこと。

 今回も多くの地区の小学生と未就学児童が参加をされました。

 今回植えられたパンジーのプランターは、西大芦小学校、西大芦コミュニティセンター、西大芦駐在所、西大芦いきいきほっとホーム、小規模多機能芦の子田中さんちにそれぞれ飾られておりますので、機会があればぜひご覧ください。

 鉢植えの後のお楽しみは、食生活改善推進員西大芦支部の皆様の協力による「おにぎり」と「トン汁」です。皆さん思い思いの具材の「おにぎり」を取り、美味しそうに食べておられました。

 早目の昼食後は、プリティけいこさんとピエロによる腹話術とマジックショーを観覧し、皆さん笑顔のままお楽しみ教室が終了しました。

 この度の参加費用については、上澤西大芦地区民生委員児童委員協議会長より共同募金にご寄付をいただきました。参加されたみなさんの善意を有効に活用させて頂きます。

 ご協力誠にありがとうございました。
 

加蘇地区福祉活動推進協議会の活動報告

加蘇地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
加蘇地区「高齢者ふれあい招待事業」開催!
加蘇地区「高齢者ふれあい招待事業」開催!の説明

3月14日(月)、加蘇地区にて「高齢者ふれあい招待事業」が開催されました。

こちらの事業では、高齢者の引きこもりや孤独を防ぐための居場所づくりを目的として、加蘇地区の自治会、民生委員・児童委員、主任児童委員、そば処久我運営委員、みまもり隊員、コミュニティ推進協議会、駐在所とたくさんの関係者の方々の協力により取り組まれている事業です。

当日は、雨で気温も低く、あいにくの天候にも関わらず、71名の高齢者の方々が参加されました。

参加された皆さんには、交通安全やオレオレ詐欺について駐在所の方から話しがされたり、鹿沼市の保健師さんから、漢字組み立てクイズで頭を使う体操や介護予防について講座が行われました。

お昼には、手打ちそばとお稲荷さんを楽しく会話しながら食べ、楽しいひと時を過ごされていました。

 

 
第10回加蘇コミュニティまつり開催
さつきドリーマーズの演奏
さつきドリーマーズの演奏
消防団模擬店の様子
育成会模擬店の様子
さつきドリーマーズの演奏
第10回加蘇コミュニティまつり開催の説明

10月30日(日)、“そば処 久我”において「第10回加蘇コミュニティまつり」が開催されました。

 さつきドリーマーズの演奏から始まり、加蘇中生徒によるお囃子、加園小児童による一輪車演技、久我小児童による和太鼓演奏などが行われ、日頃の練習の成果を十分に発揮されました。また、荒井川漁業協同組合による鮎の塩焼き販売をはじめとする21店の模擬店があり、会場は大勢の来場者でいっぱいになりました。なかでも、おやじバンドニューウェーブやアーデントファミリーバンドによる演奏では盛大な盛り上がりを見せ、地域が一丸となった魅力満載のイベントでした。
 

東部台地区福祉活動推進協議会の活動報告

東部台地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
【ほっとホーム”さかえ”で総会を開催】
総会の様子①
総会の様子①
総会の様子②
総会の様子①
【ほっとホーム”さかえ”で総会を開催】の説明

4月25日(月)東部台地区の ほっとホーム“さかえ”にて、総会が開催されました。多くの運営委員や支援員が参加し、“さかえ“の活動について報告されました。平成29年度もほっとホーム“さかえ”は楽しい企画が目白押しです。今後も“さかえ”の活動に注目!

  【活動日】  毎週 月・水・金 曜日  午前10時~午後3

  連絡先】  ほっとホーム“さかえ” TEL 65-1078

 
「東部台地区にて高齢者招待事業が行われました!」
栃窪の渡辺りんご園さんでの集合写真
栃窪の渡辺りんご園さんでの集合写真
枝がしなるほどのフジを収穫
ニューサンピア栃木で会食の一コマ「美味しいねぇ!」
観劇の一コマ「梅田英太郎」のノボリに期待!
栃窪の渡辺りんご園さんでの集合写真
「東部台地区にて高齢者招待事業が行われました!」の説明
11月2日()東部台地区の高齢者招待事業が行われ、40名の招待者が参加されました。
 まず、招待者を乗せたバスが向かったのは、栃窪にある渡辺りんご園。今回はフジを収穫しました。枝がしなるほど、たわわに実ったリンゴの中から、それぞれ自分のお気に入りを見つけては丁寧に収穫していました。
 そのあとは、ニューサンピア栃木に移動し、お昼と観劇。劇の会場は東部台の皆さんのほかにも多くのお客さんで埋め尽くされていて、開演前から期待が膨らみます。幕が上がると、役者さんたちのクスッと笑える演技や艶やかな舞踊に大いに盛り上がりました。
 内容盛りだくさんの、楽しい一日となりました
 
「ふれあいほっとホームにて小学生との交流事業が行われました」
水ヨーヨーすくいに熱中中!
水ヨーヨーすくいに熱中中!
夏だ!スイカ割り!!
和楽踊りで、交流の輪!
皆で仲良く、そして美味しく、流しそうめん
水ヨーヨーすくいに熱中中!
「ふれあいほっとホームにて小学生との交流事業が行われました」の説明

 729日にふれあいほっとホームさかえにて小学生との交流事業が行われました。

参加した子供たちは、ほっとホームさかえの皆さんが準備したヨーヨー釣りや輪投げ、すいか割りをして楽しみました。途中には仁神堂キッズおはやし会による生歌・生演奏もあり、聞き慣れた日光和楽の笛の音が鳴り出すと自然と体が動きだして、気が付けば大きな輪っかが出来上がっていました。お昼には待ちに待った流しそうめんが始まり、大人も子供もレーンの周りに大集合。子供たちは口いっぱいに冷えたそうめんを頬張っていました。
 
「東部台地区でAED講習会が開催されました」
AEDについての説明
AEDについての説明
AEDの模範実技を真剣に見入る参加者の皆さん
早速トレーニングマネキンを前に実践開始!
胸骨圧迫(心臓マッサージ)は思った以上に力が要ります!
AEDについての説明
「東部台地区でAED講習会が開催されました」の説明

7月27日にAED講習会が東部台地区コミュニティーセンターで開催されました。

近頃よく見かけるようになったAEDですが、「いざ」というときに正しく使えるのかどうか不安な人も多いのではないでしょうか。そんな、「いざ」に備えるべく、今回は総勢35名の方が講習会に参加されました。

講座では鹿沼市消防本部、鹿沼市消防団女性部の方を講師にお招きし、正しいAEDの起動の仕方や心臓マッサージの仕方を教えて頂きました。初めのうちは「どのボタンを押せばいいの?」「どこに手を置けばいいの?」と、慣れない手順に皆さん悪戦苦闘していましたが、訓練を重ねるごとにだんだんとスムーズに落ち着いて行えるようになりました。体験の合間には、講師の方への質問もたくさん出て、積極的に学ばれている様子でした。
 
ふれあいほっとホーム”さかえ”総会に参加しました。
ふれあいほっとホーム”さかえ”総会に参加しました。の説明

 4月12日東部台地区のふれあいほっとホーム“さかえ”にて平成28年度の総会が開催されました。

来賓の方々をはじめ、多くの運営委員や活動委員が出席され、平成27年度の活動の報告と平成28年度の活動予定について話し合われました。ふれあいほっとホーム“さかえ”の今後の活動に注目です。
 
第11回東部台さくらまつりが開催されました!
第11回東部台さくらまつりが開催されました!の説明

4月10日(日)、東部台地区のふれあい公園にて「第11回東部台ふれあいさくらまつり」が開催されました。

ハラハラとさくらが舞う中、天候にも恵まれて、会場は多くの来場者でにぎわいを見せていました。メインとなるステージではダンスや空手の発表があり、日ごろの練習の成果を発揮し、見に来たお客さんたちを楽しませてくれました。また、ステージの周りにはたくさんの屋台が立ち並び、お昼には長い列がいくつもできていました。さらには、クラシックオートバイの展示やお囃子の生演奏、大抽選会など、内容盛りだくさんのイベントとなりました。
 
東部台地区敬老会が開催されました!
参加者の皆さんの中に、「とりあえず」の皆さんも入って一緒に盛り上げます!
参加者の皆さんの中に、「とりあえず」の皆さんも入って一緒に盛り上げます!
“天才演歌少女”堀優衣さんによる歌謡ショー
参加者の皆さんの中に、「とりあえず」の皆さんも入って一緒に盛り上げます!
東部台地区敬老会が開催されました!の説明
10/2(日)1000より、東部台コミュニティセンター講堂において、東部台地区敬老会が開催されました。当日は天候にも恵まれ、約600名もの高齢者が来場されました。フラダンスグループ「とりあえず」の皆さんによる踊りや、テレビ東京「THEカラオケ☆バトル」で大活躍している“天才演歌少女”の堀優衣さんによる歌謡ショーも開催され、時の経つのも忘れて大いに楽しんでいるようでした。
東部台地区敬老会の様子   (2016-10-02・309KB)
 

南摩地区福祉活動推進協議会の活動報告

南摩地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
「もったいねぇ!大事にすんべ人やもの」~南摩ふれあい農園収穫祭~
腰がはいっとらん!指導にも力の入るお餅つき
腰がはいっとらん!指導にも力の入るお餅つき
収穫祭のお楽しみ、搗きたてのお餅がふるまわれます
中学生が搗いた、搗きたてのお餅は旨いないっ!
ビンゴ大会!今年も大盛況です!!
腰がはいっとらん!指導にも力の入るお餅つき
「もったいねぇ!大事にすんべ人やもの」~南摩ふれあい農園収穫祭~の説明

12月3日(土)、南摩コミュニティセンターにおいて、南摩ふれあい農園収穫祭が開催されました。

当日は天候にも恵まれ、農園委員をはじめ、地元小中学生、老人クラブの皆さんなど、200人余りが参加しました。南摩ふれあい農園代表青柳さんの挨拶の中で、「1粒の実を作るのは、多くの努力がいる。たくさんの課程があり、1粒の実が作られた」との言葉が身に染みました。田植え、稲刈り、収穫祭ができるまで農業を体験し餅米の実りに感謝。昔ながらに臼と杵で餅つきを行い、市長もさっそうと杵を振り下ろしていました。また、ポン菓子の配布、ビンゴゲームやモミの数当てクイズなど大いに盛り上がりました。

南摩ふれあい農園は、地域の繋がりや食べ物の大切さを肌で感じさせてくれるイベントでした。
 
たまには泥んこも気持ちいい!!(田植え)
たまには泥んこも気持ちいい!!(田植え)の説明
  先週の土曜日(5月23日)に、南摩コミュニティセンターに隣接する、南摩ふれあい農園で“コミュニティ推進協議会”“ふれあい農園委員”“農業関係者”“南摩中学校”“上南摩小学校”などの皆さんが協力し、田植作業をしました。この行事は、「地域活動に参加できる環境づくり」を目的に、地域福祉活動計画の一環として毎年実施しているものです。

 地元の人たちに中学生や小学生が混ざりながら、楽しく作業することが出来ました。

 中学生は、たまに出没する「カエル」に“キャーキャー”言いながら、楽しくすることが出来ました。

 今から収穫が楽しみです。(神山)

 
みまもり隊が大田原市視察(12月9日)

南摩地区のみまもり隊が、同地区民生委員と清州地区のみまもり隊と合同で大田原市社協に視察研修に行ってきました。
大田原市は、このみまもり隊設立のきっかけとなった「安心生活創造事業」を鹿沼よりも先に始めた先進地区。この日は事務局含め21名での参加となりました。
鹿沼市内でもみまもり隊の方たちは一所懸命活動していらっしゃいますが、さすが先進地大田原では、鹿沼よりもさらに地域全体でみまもり活動に取り組んでおり、参加者一同大いに刺激を受けて帰ってきました。(菊池)
 
南摩ふれあい農園収穫祭(12月6日)

 南摩地区で地域の方と中学生たちが共同で作業を行ってきたふれあい農園で、このたび収穫祭が行われました。
収穫されたもち米でもちつきを行いましたが、南摩の方たちにとって大変手慣れた作業で、あっという間につきあがりました。中学生たちも果敢にチャレンジしていました。
最後は恒例のビンゴで終了。老いも若きも大変元気な南摩地区でした。  (菊池)
 
男性のための料理教室

12月4日(木)に南摩コミュニティセンターで「男性のための料理教室」が開催され、この日は食生活改善推進員(通称「食改さん」)を講師としてドライカレーとポテトサラダを作りました。
男性参加者もなかなかの手際で、予定時間よりもずいぶん早く食べ始めることができました。教室には健康課の保健師も参加し、希望する参加者には体脂肪の測定や栄養についての講話なども行ってくれました。(菊池)
 
南摩で消費者講座

11月21日(金)に、南摩コミュニティセンターにて南摩地区福祉活動推進協議会主催の消費者講座が開催されました。
消費生活センターの職員を講師として、悪徳商法の手口やその対策がお話されました。
平和な鹿沼でもやはり被害は出ているとのお話です。
備えあれば憂いなし、このような講座は大切ですね。(菊池)
 
南摩ふれあい農園で稲刈り

 南摩地区のふれあい農園では、毎年南摩中学校生徒と地域の農園委員や老人クラブなどの方たちが共同で田植え・稲刈り・収穫祭を行っています。
10月4日にはこの農園で稲刈りが行われました。
中学生にとって慣れない作業でしたが、170名以上の和気あいあいの共同作業で、1時間ほどで全て終了しました。
 

南押原地区福祉活動推進協議会の活動報告

南押原地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
南押原地区で認知症サポーター養成講座を開催
講義の様子
講義の様子
会場は大入りの満員御礼!!
認知症サポータキャラバンのオレンジリストバンド頂きました!
講義の様子
南押原地区で認知症サポーター養成講座を開催の説明

 613日、南押原コミュニティセンターにて、認知症サポーター養成講座が開催され、南押原地区の皆さんが認知症の仕組みや予防方法、認知症の方の対応の仕方などを学びました。

当日は多くの受講生が参加され、会場となった大会議室は満員御礼。みなさんの認知症への意識の高さが伺えます。講座では認知症の予防になる脳トレ体操も教えて頂き、いざ実践!悪戦苦闘しながらも全員上手にできた・・・かな?

最後には認知症サポーター養成講座を終了した証である、オレンジのリストバンドをいただくことができました。
 
南押原地区お買い物ツアーが開催されました!
ロマンチック村に到着!
ロマンチック村に到着!
美味しそうな焼き立てパン!目移りしちゃいます…
新鮮アスパラガス! お買い得です!
皆で仲良く会食、メニューは大きなエビの天丼です!
ロマンチック村に到着!
南押原地区お買い物ツアーが開催されました!の説明

71213日に南押原地区にてお買い物ツアーが開催されました。

取材をさせて頂いた13日は、ロマンチック村とヨークベニマルを巡るコースで、12名の方が参加されました。 

 特に参加された皆さんに人気が高かったのがロマンチック村にあるパン屋さん。みなさん真っ先にお店へ向かいます。「これが楽しみだったの!」と、とても満足されたご様子で両手いっぱい購入されていく参加者の方もいらっしゃいました。また、お昼は日晃そばにお邪魔しました。おおきなエビがのっかった天丼に皆さん舌鼓。食事の合間の会話も弾みました。あいにくの天気ではありましたが、心もおなかも大満足なツアーとなったのではないでしょうか。
 
「第2回南押原ふるさと祭りが開催されました!」
JAZZ(ジャズ)の生演奏によるオープニング♪
JAZZ(ジャズ)の生演奏によるオープニング♪
民生委員・児童委員さん達のかき氷屋さん!
フラダンスで涼をいただきます!
沢山の輪が広がりました!!
お囃子の皆さん、暑い中お疲れ様でした!
JAZZ(ジャズ)の生演奏によるオープニング♪
「第2回南押原ふるさと祭りが開催されました!」の説明

8月6日(土)南押原コミュニティセンターにて第2回 南押原ふるさと祭りが開催されました。

生演奏のジャズが流れるゆったりとした雰囲気の中始まったふるさと祭りも、日が沈むにつれて徐々に賑わいを見せ始めました。会場には出店も多く立ち並び、遊びに来た子供たちはどれにしようかと目移りしている様子でした。鹿沼市社協がお手伝いさせていただいた民生委員・児童委員協議会のかき氷・水ヨーヨーのコーナーも大人気で、たくさんの子供が遊びに来てくれました。

色とりどりの浴衣で会場がいっぱいになったころ始まった盆踊りでは、地域の方々が各自治体や団体ごとに、やぐらの周りを幾重にも円になって踊りました。天候にも恵まれた、盛大なふるさとまつりとなりました。
 

粟野地区福祉活動推進協議会の活動報告

粟野地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
粟野地区福祉活動推進協議会~高齢者サロン~52名参加!
神山壽子会長の挨拶
神山壽子会長の挨拶
参加者全員で、座ったまま行える体操
皆さんお楽しみ、くじ引きの時間です!
神山壽子会長の挨拶
粟野地区福祉活動推進協議会~高齢者サロン~52名参加!の説明

9月16日(金)粟野コミュニティセンターにおいて、粟野地区福祉活動推進協議会(神山壽子会長)主催の高齢者サロンが開催され、粟野地区にお住まいの52名の高齢者が参加されました。

はじめに鹿沼西地域包括センターによる認知症予防と特殊詐欺に合わないためのお話しを聴きました。認知症予防は指先を動かすことが手軽にできる予防法とのことです。左右の手を同時にグーパー、続いて交互にグーパーすることなどでも脳が使うことになります。できることが目的ではなく右手はグー、左手はパーと脳で考えることが大切とのことです。

次に粟の実会による語り部です。5人の方のそれぞれの声色で情緒豊かな語りを披露してくださいました。参加者の皆さんも目を輝かせ語り手の口元から発せられる言葉に時に頷きながら大変満足な様子で聴き入っていました。

 午前の部が終了し、お楽しみのお昼ごはんは、友愛ボランティアの方々による作りたてのお弁当とお味噌汁が振る舞われます。真心のこもった品々で、タルタルソースも手作りです。一品一品がやさしい味付けで、箸がすすみほとんどの方が完食です。

 午後の部は、役員によるお楽しみレクリエーションが行われました。座ったまま音楽に合わせて体操したり、三味線の音色を楽しんだり、懐メロを参加者で歌ったりと楽しく過ごしました。最後には、くじ引きによるプレゼントがあり、くじを引く顔は自然と和みます。くじ番号と引き換えにプレゼントを手渡される顔は皆一様に童心に戻ったように見えました。

 高齢者サロンは、役員さんたちの工夫を凝らした内容で、参加者の満足度も高く高齢者の皆さんの顔は笑顔で溢れていました。
 

永野地区福祉活動推進協議会の活動報告

永野地区福祉活動推進協議会の活動報告
 
永野地区「輪投げ大会」開催!
集合写真その1
集合写真その1
真剣です!
こちらも、真剣!
集合写真その2
集合写真その3
真剣な中にも笑顔!
笑顔!!
集合写真その4
みなさん真剣に、でも笑顔も絶えません!
真剣!
集合写真その1
永野地区「輪投げ大会」開催!の説明
 6月28日(火)、永野地区コミュニティスポーツ施設屋内運動場にて「輪投げ大会」が今年初めて開催されました。

 沢山の永野地区の方々が参加され、初めに健康体操で体をほぐしてから競技を開始しました。

 最初はコツを掴むまで苦労していた様子でしたが、徐々に感覚を掴みコントロールが良くなり高得点を出す方がたくさんいらっしゃいました。

 競技終了後は、高得点者に素敵なプレゼントが送られ、その後、警察の方と交通教育指導員による「交通安全講話」が行われました。

 最後は、大会に参加された皆さんで美味しいお昼を食べ、楽しい一日が終了となりました。

 

 
冬の祭典クリスマスinながの【永野地区】

 地域住民の多くの参加を得て、賑やかな中にも和気あいあいとした雰囲気で開催されました。
無料配布の綿あめやポップコーン、射的や輪投げ等で、子どもたちも大変喜んでいました。
16:00からのビンゴ大会、17:00からのイルミネーション点灯の際には、多くの来場者から歓声が上がっていました。
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361