社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

100978
 
 

職員採用案内

職員採用案内
 
社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会職員の募集について
2018-09-25
 下記職員採用試験案内のとおり、社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会職員1名を募集します。
 詳細は、下記職員採用試験案内をご確認の上、受験票、申込書(1)、申込書(2)を印刷し、作成の上お申し込みください。(下記を各々クリックするとリンクに飛びます。)
 
 
 
 
 
鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(夜間宿直員)の募集について
2018-10-10
 下記募集要項のとおり、鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(夜間宿直員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要項をご確認の上、ご応募ください。
 

北海道地震災害 支援情報

北海道地震災害 支援情報
 
北海道地震 街頭募金やりました
2018-09-15
街頭募金の様子
 10月15日(土)に、市内三か所で北海道地震支援を目的に街頭募金を行いました。
 1時間半ほどの活動でしたが、合計152,706円もの募金が寄せられました。
 募金は、全額北海道の被災者に義援金として送られます。
 雨の中でしたが、募金をお寄せいただいた方たち、また街頭に立っていただいたボランティアの皆さま、ご協力ありがとうございました。
 
 参加団体 鹿沼市社会福祉協議会
      鹿沼市ボランティア連絡協議会
     (点訳サークル「桐」、災害ボランティア
      グループ「チームかぬま」、ボーイスカ
      ウト鹿沼第1団・第4団)
      鹿沼青年会議所
 
北海道地震 街頭募金やります
2018-09-12
 北海道地震支援のための街頭募金を行います。
 寄せられた募金は、全額義援金として北海道の被災者に送られます。
 ご協力よろしくお願いいたします。
 
 日時: 9月15日(土) 10時30分~12時
 会場: ①福田屋 鹿沼店 ②ヨークベニマル 鹿沼店 ③ヨークベニマル 上殿町店
 主催: 鹿沼市社会福祉協議会・鹿沼市ボランティア連絡協議会
 

西日本豪雨災害 支援情報

西日本豪雨災害 支援情報
 
災害ボランティアバスで被災地支援!
2018-09-06
 9月6日(木)から9月9日(日)にかけて、岡山県倉敷市真備町へ被災地支援のための災害ボランティアバスに17名が参加しました。
 今回、鹿沼市ボランティア連絡協議会と鹿沼市災害ボランティアチームかぬまの主催で行われ、現地では地域のコミュニティ広場の片付けや家屋の壁や床を剥がして片付ける活動となりました。
 被災地支援では、現地でのボランティア活動や、義援金・支援金による支援を、たくさんの方々からいただいております。
 現地の皆様の生活が、一日も早く復興されることを強く願っています。
岡山県倉敷市真備町での活動の様子
 
呉市災害ボランティアセンターに職員派遣
2018-09-03
広島県呉市安浦サテライトの様子

 鹿沼市社会福祉協議会では、西日本豪雨災害のため大きな被害を受けた広島県に、9月3日から9日まで職員1名を派遣しました。

 派遣職員は呉市災害ボランティアセンター安浦サテライトで、ボランティアの受付やニーズの調整、現地調査などの活動に従事しました。

 
チームかぬまwith社協 岡山県倉敷市真備で被災地支援
2018-08-19
まだまだ支援が必要です!!
 8月19日~25日まで西日本豪雨災害で被害を受けた
岡山県倉敷市真備にてチームかぬまが支援活動を行い
ました。
 活動内容は主に浸水した住宅の床はがしや壁はがし。
 水害から1か月が経過し、カビが発生してしまった
床や壁を丁寧に撤去し、生活再建へ向けてお手伝いを
しました。
 同行した社協職員は、ボランティアセンターの運営
にも参加し、全国から集まったボランティアさんたち
のバックアップを行いました。
 みなさん、暑い中での活動お疲れ様でした!
 
広島市災害ボランティアセンターに職員派遣
2018-08-04

広島市災害ボランティアセンターに職員派遣

 

 鹿沼市社会福祉協議会では、西日本豪雨災害のため大きな被害を受けた広島市に、84日から10日まで職員1名を派遣しました。

 派遣職員は広島市安芸区災害ボランティアセンター中野サテライトで、ボランティアの受付や送り出し、現地調査などの活動に従事しました。

災害ボラセン中野サテライトの活動の様子
 
被災地に一輪車などを送りました!
2018-07-31
出来ることを無理なく!!

被災地に一輪車などを送りました!

 栃木市社会福祉協議会が、西日本豪雨災害の被災地である岡山県倉敷市に資機材を届けるのに合わせて、鹿沼市社会福祉協議会の一輪車やスコップ、ブルーシート、マスクなどを一緒に届けていただくことになりました。

 鹿沼市社会福祉協議会としては、愛媛県西予市への資機材への提供、共同募金に続き第三弾の被災地支援になります。

 現地まで届けてくださった栃木市社協職員の皆様、ありがとうございます。
 
西日本豪雨災害 街頭募金行う
2018-07-14

 鹿沼市社会福祉協議会は、鹿沼市ボランティア連絡協議会、鹿沼青年会議所、災害ボランティアグループ「チームかぬま」、ボーイスカウト鹿沼第1団・第4団とともに、71416日にまちの駅新鹿沼宿において街頭募金を行いました。14日には佐藤信鹿沼市長も募金を呼びかけてくれました。

 3日間で寄せられた募金は総額310,175円!

 この募金は、義援金として、また現地でのボランティア活動の支援金として活用されます。
市民の皆様、ご協力有難うございました。
 
平成30年7月豪雨災害支援街頭募金のお知らせ
2018-07-10
「平成30年7月豪雨災害」における被災地支援、また被災地で活動予定のボランティアグループの活動を支援することを目的として、下記の予定で街頭募金を実施します。ご協力よろしくお願いします。

 

 日時:平成30年7月14日(土)~16日(月) 午前9時~11時

 会場:まちの駅 新鹿沼宿(鹿沼市仲町1604-1)

  1.  主催:鹿沼市社会福祉協議会・鹿沼市ボランティア連絡協議会
 
愛媛県に一輪車を届けました!!
2018-07-10
出来ることはできる限り支援を…
 鹿沼市社会福祉協議会は、愛媛県の西予市社会福祉協議会に一輪車14台、土のう袋7,000枚などの各種資材を届けるために職員を派遣しました。
 西予市では死者5人が確認され、大変大きな被害が出ています。鹿沼市社会福祉協議会では、3年前の関東東北豪雨災害の際に備蓄された各種資材を、これを機会に被害の大きな被災地に提供することとし、今回の派遣となりました。
 現地には社協職員の他、災害ボランティアグループ「チームかぬま」、チームかぬまと連携する東京都足立区の「チームあだち」のボランティアも一緒に出向きました。
7月10日の夜に鹿沼を出発し戻りは12日昼で、ゼロ泊3日の強行軍でしたが、現地の方たちには大変喜んでいただきました。
帰路には、兵庫県の丹波市社会福祉協議会に立ち寄り、除菌・消臭剤をお渡ししました。
丹波市は、報道はされていませんが今回の豪雨で被害が出ています。丹波市社会福祉協議会の方たちは、3年前に鹿沼まで来てたくさんのボランティアに活動していただいたことがあり、多少なりとも恩返しをさせていただきました。
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
キャンドイルナイト 開催しました!
2016-09-09

 関東・東北豪雨からちょうど1年経った9月9日、総合福祉センターでキャンドルナイトが開催されました。

館内には3.11や大雨災害でのボランティア活動の様子を写した写真100枚以上を掲示し、 午後6時には300本のキャンドルを点灯しました。

雰囲気が高まったところで、館内では「トークセッション」を開始。これは、鹿沼市社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを運営していた際に参加してくれた他県の社協職員、環境分野のNPOスタッフ、一般ボランティアをお招きし、当時を振り返り今後を考えるというものでした。

他県の職員からは「災害ボランティアセンターは想いをくみ取ること、想いと想いをつなぐことが大事」「被災地は、経験を恩送りしていく」、NPOスタッフからは「日常に災害をどう落とし込むかを意識する」、そして大雨災害から活動を始めたボランティアからは

「ボランティアセンターは、初めての人でもボランティアに参加しやすいようにしてほしい」

など、貴重な提言をいただきました。

 キャンドルを見に来ていただいた方は100名以上、トークセッションにも70名以上の方が参加してくださいました。大雨災害の時に活動していただいた県外のボランティアも多くいらっしゃり、記念写真を撮ったりして同窓会のように盛り上がっていました。
 
平成28年度聴覚障害者向けパソコン教室のご案内
2016-08-25
 とちぎ視聴覚障害者情報センターで、標題のとおり聴覚障害者向けパソコン教室を開催します。
 詳しくは左記パソコン教室のご案内をご確認の上、下段の申込書をダウンロードしてご活用ください。
 
「キャンドルナイト」開催します!
2016-08-23

 水害から1年が経過しようとしています。水害の記憶を風化させないために、みなさんで集まり、1年前の出来事を振り返り、今後について考えてみませんか?

 「暗闇に輝く沢山のキャンドル」でお出迎え致します。興味のある方は是非お気軽にご参加ください!

 

【日 時】

9月9日(金) 18:00~20:00


【内 容】

18:00~

キャンドル点灯

写真展

 

18:30~

トークセッション「その時、鹿沼に何が起こったか」

       主演:髙山 弘毅(前橋市社会福祉協議会)

        塚本 竜也(トチギ環境未来基地)  

             海沼 陽一(ボランティア代表)

 

【場 所】 

総合福祉センター(鹿沼市万町931-1)

 

【問い合わせ・申込み】

             社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会

       TEL 0289-65-5191

       FAX 0289-62-9361

       メール kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

 ※お車でお越しの方は、「こじか保育園第2園庭」に駐車ください。

 



 
平成28年度 手話講習会の受講生募集!
2016-08-17

手話でコミュニケーションをしてみましょう。

日常の簡単な手話を勉強します。

 中途失聴者、難聴者、及び健聴者のかた、どなたでも受講できますので、お気軽に

ご参加ください。

 但し、手話通訳者を目指している方の講習ではありません。

 

 

 日 時:平成28年9月~平成29年3月まで。第2・第4土曜日

 午後2時~4時

 

場 所:鹿沼市総合福祉センター 2階 福祉活動の広場

     (鹿沼市万町931-1)

 

受講料:無料(ただし、テキストは有料になります。)

 

その他:筆記通訳が付きます。

 

連絡先:鹿沼市中途失聴難聴者協会  FAX:0289(74)2416

下記申込書をFAXにてお送りください。

 
平成28年度点字講習会(初級コース)のお知らせ!(佐野市社協)
2016-08-22
社会福祉法人佐野市社会福祉協議会主催の「点字講習会(初級コース)」が9月2日から開講されます。
点訳を学び、福祉活動への理解を深め、点訳ボランティアを養成する講座となっておりますので、興味のある方は是非ご参加ください。
 
日 時:平成28年9月2日~平成29年2月10日
    毎週金曜日 午前10時~11時30分(全20回)
会 場:佐野市総合福祉センター(佐野市大橋町3212-27)
受講料:無料(テキスト代のみ自己負担1,080円)
対 象:初めて点訳を学ぶ方
定 員:20名
申込み・問合せ:社会福祉法人 佐野市社会福祉協議会 総務福祉課
        TEL:0283-22-8136  FAX:0283-22-8199
  
 
「第2回南押原ふるさと祭りが開催されました!」
2016-08-06
 
「ふれあいほっとホームにて小学生との交流会が行われました」
2016-07-29
 
「東部台地区でAED講習会が開催されました」
2016-07-27
 
防災キャンプ報告
2016-07-16

71617日に「防災キャンプ」を開催しました。

 今回は、鹿沼が大地震に見舞われ、避難所も大きな被害を受け利用できないとの想定のもと、テントで1泊するという内容でした。

初日のプログラムは、ボーイスカウトによるロープワーク講習と、薪と竹を使った炊事体験を行い、夜は「避難所に入るにあたり、必要なものを5品選ぶ」というテーマで話し合いを行いました。2日目はアルファ米のパックを調理して朝食を摂りました。

災害時の避難先というと避難所が頭に浮かびますが、避難所が利用できない、また被災者が多すぎて入れないということもありえますので(熊本地震でも実際にありました)、テント泊も災害時には有効なツールの一つになります。         

当日は大災害が発生したとの想定でしたが、天気に恵まれご飯もおいしく、和気あいあいとした楽しいキャンプになりました(笑)        (菊池)
 
小学生ミニ福祉講座の受付は終了しました。
2016-07-20
 8月8日(月)に開催する、小学生ミニ福祉講座「もうどう犬がやってくる!」の受付は定員に達しましたので終了となります。
   
「おかず」になる食品大募集(フードバンクかぬま)
例えばこんな食品を…
おかずになるもの、調味料やお菓子も一緒にご寄附ください。
 「フードバンクかぬま」からのお願いです。平成27年11月6日(金)より、正式に「フードバンクかぬま」を開始しております。
 多くの皆様から、様々な食品を提供いただき運営をしておりますが、一部の食品に不足が生じておりますので、ここで改めて食品の寄付についてお願いをいたします
 缶詰、ふりかけ、レトルトカレー、味のりなど「おかず」になる食品が不足しています。ぜひ、ご家庭で眠っている食品を「フードバンクかぬま」へご寄付ください。
 不明な点については、下記までお問い合わせください。
 
問い合わせ
 鹿沼市社会福祉協議会 地域福祉課 権利擁護係(担当:川田・大門)
 TEL 0289-65-5191
 
 

17地区社協活動報告!

17地区社協活動報告!
 
平成30年度西大芦地区福祉活動推進協議会ふれあいグラウンドゴルフ大会開催
ふれあいグラウンドゴルフ大会開会です!
ふれあいグラウンドゴルフ大会開会です!
上澤敏雄福祉活動推進協議会会長のご挨拶
向田和子コミュニティセンター所長のご挨拶
西大芦地区グラウンドゴルフ石原重夫会長よりルール説明
終始笑顔の絶えないプレーとなりました♪
ホールインワン賞の皆様、おめでとうございます♪
婦人会・婦人防火クラブの皆様手作りの美味しいカレーです!
皆様お待ちかねのふれあい昼食会スタートです!
ふれあいグラウンドゴルフ大会開会です!
平成30年度西大芦地区福祉活動推進協議会ふれあいグラウンドゴルフ大会開催の説明
 6月17日(日)、西大芦フォレストビレッジのグラウンドにおいて、
『平成30年度ふれあいグラウンドゴルフ大会』が60名の参加者を得て
盛大に開催されました。
 参加者の皆さんの日頃のおこないが良いため、一時的に雨がチラつきま
したが、本降りになることもなく、参加者同士でふれあいを深めながら、
感嘆と笑いの絶えない2ラウンド16ホールをプレーされました。
 閉会式では、ホールインワン賞の贈呈や講評などを頂いた後、皆様待ち
に待ったふれあい昼食会となりました。
 早朝からの準備には、婦人会・婦人防火クラブの皆様にご協力を頂き、
スタッフを含めて準備した総食数は、なんと85名分!
美味しいカレーを囲んで、ふれあいの輪が更に深まるイベントとなりました。
   
ボランティアセンター
当協会に設置しているボランティアセンターについてご紹介いたします。
 
心配ごと相談
何かありましたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
 
在宅介護サービス事業
当協会ではさまざまな在宅介護サービスを実施しております。
 
貸付制度
さまざまな福祉を目的とした貸付制度です。お気軽にご相談ください。
 
社協会員募集
当会の会員になってくださる方を募集しております。
 
各種募金
皆様のご理解と更なるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
   
かぬま社協だより 第221号
かぬま社協だより 第221号 ( 2018-06-25 ・ 7233KB )
   
 

北海道地震 支援関係

北海道地震 支援関係
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361