社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

101039
 
 

職員採用案内

職員採用案内
 
社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会職員の募集について
2018-09-25
 下記職員採用試験案内のとおり、社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会職員1名を募集します。
 詳細は、下記職員採用試験案内をご確認の上、受験票、申込書(1)、申込書(2)を印刷し、作成の上お申し込みください。(下記を各々クリックするとリンクに飛びます。)
 
 
 
 
 
鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(夜間宿直員)の募集について
2018-10-10
 下記募集要項のとおり、鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(夜間宿直員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要項をご確認の上、ご応募ください。
 

北海道地震災害 支援情報

北海道地震災害 支援情報
 
北海道地震 街頭募金やりました
2018-09-15
街頭募金の様子
 10月15日(土)に、市内三か所で北海道地震支援を目的に街頭募金を行いました。
 1時間半ほどの活動でしたが、合計152,706円もの募金が寄せられました。
 募金は、全額北海道の被災者に義援金として送られます。
 雨の中でしたが、募金をお寄せいただいた方たち、また街頭に立っていただいたボランティアの皆さま、ご協力ありがとうございました。
 
 参加団体 鹿沼市社会福祉協議会
      鹿沼市ボランティア連絡協議会
     (点訳サークル「桐」、災害ボランティア
      グループ「チームかぬま」、ボーイスカ
      ウト鹿沼第1団・第4団)
      鹿沼青年会議所
 
北海道地震 街頭募金やります
2018-09-12
 北海道地震支援のための街頭募金を行います。
 寄せられた募金は、全額義援金として北海道の被災者に送られます。
 ご協力よろしくお願いいたします。
 
 日時: 9月15日(土) 10時30分~12時
 会場: ①福田屋 鹿沼店 ②ヨークベニマル 鹿沼店 ③ヨークベニマル 上殿町店
 主催: 鹿沼市社会福祉協議会・鹿沼市ボランティア連絡協議会
 

西日本豪雨災害 支援情報

西日本豪雨災害 支援情報
 
災害ボランティアバスで被災地支援!
2018-09-06
 9月6日(木)から9月9日(日)にかけて、岡山県倉敷市真備町へ被災地支援のための災害ボランティアバスに17名が参加しました。
 今回、鹿沼市ボランティア連絡協議会と鹿沼市災害ボランティアチームかぬまの主催で行われ、現地では地域のコミュニティ広場の片付けや家屋の壁や床を剥がして片付ける活動となりました。
 被災地支援では、現地でのボランティア活動や、義援金・支援金による支援を、たくさんの方々からいただいております。
 現地の皆様の生活が、一日も早く復興されることを強く願っています。
岡山県倉敷市真備町での活動の様子
 
呉市災害ボランティアセンターに職員派遣
2018-09-03
広島県呉市安浦サテライトの様子

 鹿沼市社会福祉協議会では、西日本豪雨災害のため大きな被害を受けた広島県に、9月3日から9日まで職員1名を派遣しました。

 派遣職員は呉市災害ボランティアセンター安浦サテライトで、ボランティアの受付やニーズの調整、現地調査などの活動に従事しました。

 
チームかぬまwith社協 岡山県倉敷市真備で被災地支援
2018-08-19
まだまだ支援が必要です!!
 8月19日~25日まで西日本豪雨災害で被害を受けた
岡山県倉敷市真備にてチームかぬまが支援活動を行い
ました。
 活動内容は主に浸水した住宅の床はがしや壁はがし。
 水害から1か月が経過し、カビが発生してしまった
床や壁を丁寧に撤去し、生活再建へ向けてお手伝いを
しました。
 同行した社協職員は、ボランティアセンターの運営
にも参加し、全国から集まったボランティアさんたち
のバックアップを行いました。
 みなさん、暑い中での活動お疲れ様でした!
 
広島市災害ボランティアセンターに職員派遣
2018-08-04

広島市災害ボランティアセンターに職員派遣

 

 鹿沼市社会福祉協議会では、西日本豪雨災害のため大きな被害を受けた広島市に、84日から10日まで職員1名を派遣しました。

 派遣職員は広島市安芸区災害ボランティアセンター中野サテライトで、ボランティアの受付や送り出し、現地調査などの活動に従事しました。

災害ボラセン中野サテライトの活動の様子
 
被災地に一輪車などを送りました!
2018-07-31
出来ることを無理なく!!

被災地に一輪車などを送りました!

 栃木市社会福祉協議会が、西日本豪雨災害の被災地である岡山県倉敷市に資機材を届けるのに合わせて、鹿沼市社会福祉協議会の一輪車やスコップ、ブルーシート、マスクなどを一緒に届けていただくことになりました。

 鹿沼市社会福祉協議会としては、愛媛県西予市への資機材への提供、共同募金に続き第三弾の被災地支援になります。

 現地まで届けてくださった栃木市社協職員の皆様、ありがとうございます。
 
西日本豪雨災害 街頭募金行う
2018-07-14

 鹿沼市社会福祉協議会は、鹿沼市ボランティア連絡協議会、鹿沼青年会議所、災害ボランティアグループ「チームかぬま」、ボーイスカウト鹿沼第1団・第4団とともに、71416日にまちの駅新鹿沼宿において街頭募金を行いました。14日には佐藤信鹿沼市長も募金を呼びかけてくれました。

 3日間で寄せられた募金は総額310,175円!

 この募金は、義援金として、また現地でのボランティア活動の支援金として活用されます。
市民の皆様、ご協力有難うございました。
 
平成30年7月豪雨災害支援街頭募金のお知らせ
2018-07-10
「平成30年7月豪雨災害」における被災地支援、また被災地で活動予定のボランティアグループの活動を支援することを目的として、下記の予定で街頭募金を実施します。ご協力よろしくお願いします。

 

 日時:平成30年7月14日(土)~16日(月) 午前9時~11時

 会場:まちの駅 新鹿沼宿(鹿沼市仲町1604-1)

  1.  主催:鹿沼市社会福祉協議会・鹿沼市ボランティア連絡協議会
 
愛媛県に一輪車を届けました!!
2018-07-10
出来ることはできる限り支援を…
 鹿沼市社会福祉協議会は、愛媛県の西予市社会福祉協議会に一輪車14台、土のう袋7,000枚などの各種資材を届けるために職員を派遣しました。
 西予市では死者5人が確認され、大変大きな被害が出ています。鹿沼市社会福祉協議会では、3年前の関東東北豪雨災害の際に備蓄された各種資材を、これを機会に被害の大きな被災地に提供することとし、今回の派遣となりました。
 現地には社協職員の他、災害ボランティアグループ「チームかぬま」、チームかぬまと連携する東京都足立区の「チームあだち」のボランティアも一緒に出向きました。
7月10日の夜に鹿沼を出発し戻りは12日昼で、ゼロ泊3日の強行軍でしたが、現地の方たちには大変喜んでいただきました。
帰路には、兵庫県の丹波市社会福祉協議会に立ち寄り、除菌・消臭剤をお渡ししました。
丹波市は、報道はされていませんが今回の豪雨で被害が出ています。丹波市社会福祉協議会の方たちは、3年前に鹿沼まで来てたくさんのボランティアに活動していただいたことがあり、多少なりとも恩返しをさせていただきました。
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
岩手県・鳥取県災害義援金結果報告
2017-04-03
 
 「岩手県台風10号大雨等災害義援金」・「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」の受付は終了しました。
 社会福祉協議会の窓口に設置した義援金の募金結果は下記のとおりとなりましたのでご報告いたします。

 

 

「岩手県台風10号大雨等災害義援金」

 結果:3,393円(平成29年3月23日現在)

 

 

「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」

 結果:3,285円(平成29年3月23日現在)

 

 

 集まりました募金は栃木県共同募金会を通して、岩手県と鳥取県に送金致します。

 ご協力ありがとうございました。 

 

 

 
千代田町社協(群馬県)より視察
2017-03-24
大山センター統括の話を熱心に聴く皆さん

一昨年の大雨災害時の災害ボランティアセンターの取り組みについて、千代田町社協(群馬県)の方たちが鹿沼社協に視察にいらっしゃいました。

 視察団体の方たちは、講義終了後も熱心に質問されるのが常ですが、千代田町の皆様からも「災害ボランティアセンター開設時に気を遣ったり大変だったことは?」「検証委員会ではどんな見直しが行われたか」など、相次いで質問がなされました。
 
第16回ふれあいフェスタinかぬま 開催決定!
2017-03-13
チラシ

市内のボランティアグループや福祉施設など約30団体によるイベント「ふれあいフェスタinかぬま」は16回目を迎えます。

 今年の開催は4月23日(日曜)で、会場は鹿沼市民情報センターです。

 メインステージは、栃木のローカルヒーロー「精霊法士 トチノキッド」が昨年に引き続き登場!子どもたちに大人気のエア遊具もあります。

 また、オープニング企画では、昨年の熊本地震で活動したボランティアからの報告会が行われます。

 鹿沼市内で活動している様々な福祉団体の活動を知る絶好の機会です。みなさまの来場をお待ちしています!
 
芳賀町社協より視察(3月2日)
2017-03-02
パワーポイント利用の講義、皆真剣です。

本日は芳賀町社会福祉協議会の方たちが鹿沼社協にお越しになりました。「ボランティアセンターはが」の会員研修とのことで、一昨年の大雨災害時の災害ボランティアセンターの取り組みについてお話をさせていただきました。

芳賀町は東日本大震災で大きな被害を受けたためか会員の皆さんの関心も高く、「災害ボランティアセンター開設時に、ボランティアに食事の提供などする場合があったのか」「センター開設時に必要な心構えは」など、実際に開設することを想定した質問が相次ぎました。

 県内の社協同士、いざというときはお互いに助け合うきっかけづくりになったかと思います(菊池)
 
新潟県へボランティアに行ってきました!!
2017-03-01
雪かきボランティアの様子です。

22526日の2日間、チームかぬま、ボーイスカウトの皆さんと社協職員計13名で、新潟県長岡市の木沢地区へボランティアに行ってきました。

 1日目は「えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭」の運営のお手伝いで、雪洞作りやできた雪洞に火を灯す活動をしました。雪洞はまち全体に作られ、幻想的な世界を作り出していました。

 2日目は、高齢者宅を訪問し、雪掻きのお手伝いをしました。栃木県では見たことの無い量の雪に驚きながらも、皆で協力し、怪我なく活動を終える事ができました。

 雪国の楽しさと、そこで生活する大変さを身を持って体感できたことと思います。
 
足利市毛野地区社協より視察(2月16日)
2017-02-17

  本日、足利市毛野地区社会福祉協議会のみなさん38名が視察研修にいらっしゃいました。

 「関東・東北豪雨における鹿沼市社協の取り組み」というテーマでの研修が目的です。

 

 「災害発生時の初動対応」「ボランティアセンター運営上の課題」「閉所後の対応」「被災を経験した社協の役目」などについて約1時間の講義、スライドショーの上映、質疑応答と盛りだくさんの内容でした。

 参加者のみなさんはとても熱心で、質疑応答の時間には数多くの質問が寄せられました。(時間が足りなくなるほどでした)

 被災を経験した社協としては、「経験を伝える役目」があります。今後も「研修の受入れ」については、継続していきたいと思いますので、興味がある方はお問い合わせください。

 足利市毛野地区社協のみなさん、おつかれさまでした。

 

 

 
宇都宮大学の災害ボランティア企画に協力
2017-02-11
「コミュニティ支援力養成研修会in鹿沼」

2月11・12日、宇都宮大学の「コミュニティ支援力養成研修会in鹿沼」が鹿沼で開催されました。これは、宇大学生が一昨年の関東・東北豪雨災害をテーマに内容を企画、社協職員が実施に協力したものです。

 11日は、学生が事前にインタビューした市役所や社協、被災者の災害当時の状況についての報告があり、実際に被災された市民からの体験発表もありました。その後参加者らは黒川沿いや下武子町、西鹿沼町を歩き、職員の説明を受けながら当時の状況を確認しました。歩いていると、市民から「ああ宇大の子け。あのときはお世話になりました」と声をかけられることも一度ならずあり、災害当時の宇大生の活躍があらためて思われました。

 夜は宿泊場所である板荷の自然体験交流センターで避難所運営ゲームを行いました。

 翌日は当時ボランティア活動に参加した先輩たちの話を聞いた後、「学生である自分たちになにができるのか」を考えるワークショップを行いました。

 約20名の参加者は、初顔合わせの人も多かったようですが、2日間を通じてのプログラムに参加することにより、交流も深まり、災害への関心も高めてくれたようです。
 
「コーヒーサロン」やります!
2017-02-13

 

コーヒーサロン」やりますよ~

 

 

100円握りしめて社協へカモ~ンヌ

 

ゆっくりとお茶を飲みながら、深~い話を聞いてみませんか?

今回のテーマは「アルコール依存について」です。

講師は、「断酒ホトトギス」の会員のみなさんです。

※事前の申し込みは不要ですが、大勢でお越しになる際はお茶の準備もありますので一度お電話ください。

 

場 所  総合福祉センター 1Fロビー

対象者  興味のある人なら誰でもOK

参加費  100円以上

問合せ先 社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会 

     地域福祉課地域福祉係(担当:神山)

     TEL 0289-65-5191

 

 
白河市社協の視察を受け入れました(1月19日)
2017-01-19

白河市社協より視察(119日)

 

 一昨年の大雨災害時の災害ボランティアセンターの取り組みについて、「白河市ボランティア連絡協議会」の方たちが鹿沼社協に視察にいらっしゃいました。

 講話が終わってからも、「災害が起こった時の障がい者への対応はどうだったか」「マニュアルの見直しにあたり特に気を付けている点はなにか」など、質問も時間が足りなくなるほど出ていました。

 同会の片岡会長からは、「福島県は隣県なのでなにかあったら助けあいたい」とのありがたいお言葉もいただきました。
 
寄附金贈呈式
2016-12-27
12月27日(火)立正佼成会鹿沼教会様、鹿沼明るい社会づくり運動協議会様より、古澤育英会(鹿沼市)に10万円、社会福祉協議会に10万円の寄附をいただきました。

※本会への寄附金は、指定のあった「ふれあいフェスタinかぬま実行委員会」へ全額寄附されます。

   
「おかず」になる食品大募集(フードバンクかぬま)
例えばこんな食品を…
おかずになるもの、調味料やお菓子も一緒にご寄附ください。
 「フードバンクかぬま」からのお願いです。平成27年11月6日(金)より、正式に「フードバンクかぬま」を開始しております。
 多くの皆様から、様々な食品を提供いただき運営をしておりますが、一部の食品に不足が生じておりますので、ここで改めて食品の寄付についてお願いをいたします
 缶詰、ふりかけ、レトルトカレー、味のりなど「おかず」になる食品が不足しています。ぜひ、ご家庭で眠っている食品を「フードバンクかぬま」へご寄付ください。
 不明な点については、下記までお問い合わせください。
 
問い合わせ
 鹿沼市社会福祉協議会 地域福祉課 権利擁護係(担当:川田・大門)
 TEL 0289-65-5191
 
 

17地区社協活動報告!

17地区社協活動報告!
 
南押原ふるさと祭りが開催されました!
JAZZの演奏に聞き惚れてしまいます♪
JAZZの演奏に聞き惚れてしまいます♪
立派なやぐらが組みあがりました!
JAの皆さんによるポップコーン屋さん
大人も子供もみんなで南押原和楽踊り♪
JAZZの演奏に聞き惚れてしまいます♪
南押原ふるさと祭りが開催されました!の説明

 8月4日(土)、南押原ふるさと祭りが盛大に開催されました。

 会場となったコミュニティセンターには今年も立派なやぐらが組まれ、華やかな祭りばやしが響き渡りました。

 演目はもちろん「南押原和楽踊り」!会場が一体となって踊る様子は圧巻でした。

   
ボランティアセンター
当協会に設置しているボランティアセンターについてご紹介いたします。
 
心配ごと相談
何かありましたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
 
在宅介護サービス事業
当協会ではさまざまな在宅介護サービスを実施しております。
 
貸付制度
さまざまな福祉を目的とした貸付制度です。お気軽にご相談ください。
 
社協会員募集
当会の会員になってくださる方を募集しております。
 
各種募金
皆様のご理解と更なるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
   
かぬま社協だより 第221号
かぬま社協だより 第221号 ( 2018-06-25 ・ 7233KB )
   
 

北海道地震 支援関係

北海道地震 支援関係
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361