社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

090844
 
 

職員採用案内

職員採用案内
 
鹿沼市社会福祉協議会 職員採用二次試験 合格者発表
2017-12-25
 平成29年度職員採用二次試験合格者の方は、下記PDFファイルに記載されている番号の方です。
 受験者の皆さんは、各自ご確認をお願いいたします。
 
鹿沼市やまびこ荘 非常勤職員(支援員)の募集について
2017-09-08
 下記募集要綱のとおり、鹿沼市やまびこ荘 非常勤職員(支援員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要綱をご確認の上、ご応募ください。
 
鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(支援員)の募集について
2017-09-05
 下記募集要綱のとおり、鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(支援員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要綱をご確認の上、ご応募ください。
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
宇都宮大学の災害ボランティア企画に協力
2017-02-11
「コミュニティ支援力養成研修会in鹿沼」

2月11・12日、宇都宮大学の「コミュニティ支援力養成研修会in鹿沼」が鹿沼で開催されました。これは、宇大学生が一昨年の関東・東北豪雨災害をテーマに内容を企画、社協職員が実施に協力したものです。

 11日は、学生が事前にインタビューした市役所や社協、被災者の災害当時の状況についての報告があり、実際に被災された市民からの体験発表もありました。その後参加者らは黒川沿いや下武子町、西鹿沼町を歩き、職員の説明を受けながら当時の状況を確認しました。歩いていると、市民から「ああ宇大の子け。あのときはお世話になりました」と声をかけられることも一度ならずあり、災害当時の宇大生の活躍があらためて思われました。

 夜は宿泊場所である板荷の自然体験交流センターで避難所運営ゲームを行いました。

 翌日は当時ボランティア活動に参加した先輩たちの話を聞いた後、「学生である自分たちになにができるのか」を考えるワークショップを行いました。

 約20名の参加者は、初顔合わせの人も多かったようですが、2日間を通じてのプログラムに参加することにより、交流も深まり、災害への関心も高めてくれたようです。
 
「コーヒーサロン」やります!
2017-02-13

 

コーヒーサロン」やりますよ~

 

 

100円握りしめて社協へカモ~ンヌ

 

ゆっくりとお茶を飲みながら、深~い話を聞いてみませんか?

今回のテーマは「アルコール依存について」です。

講師は、「断酒ホトトギス」の会員のみなさんです。

※事前の申し込みは不要ですが、大勢でお越しになる際はお茶の準備もありますので一度お電話ください。

 

場 所  総合福祉センター 1Fロビー

対象者  興味のある人なら誰でもOK

参加費  100円以上

問合せ先 社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会 

     地域福祉課地域福祉係(担当:神山)

     TEL 0289-65-5191

 

 
白河市社協の視察を受け入れました(1月19日)
2017-01-19

白河市社協より視察(119日)

 

 一昨年の大雨災害時の災害ボランティアセンターの取り組みについて、「白河市ボランティア連絡協議会」の方たちが鹿沼社協に視察にいらっしゃいました。

 講話が終わってからも、「災害が起こった時の障がい者への対応はどうだったか」「マニュアルの見直しにあたり特に気を付けている点はなにか」など、質問も時間が足りなくなるほど出ていました。

 同会の片岡会長からは、「福島県は隣県なのでなにかあったら助けあいたい」とのありがたいお言葉もいただきました。
 
寄附金贈呈式
2016-12-27
12月27日(火)立正佼成会鹿沼教会様、鹿沼明るい社会づくり運動協議会様より、古澤育英会(鹿沼市)に10万円、社会福祉協議会に10万円の寄附をいただきました。

※本会への寄附金は、指定のあった「ふれあいフェスタinかぬま実行委員会」へ全額寄附されます。

 
地域まるごとケアのまちづくり 講演会の開催
2016-12-26

誰もが安心して暮らせるまちづくりのためにはどうしたらよいのか。

講演と様々な立場の方による座談会により、まちづくりを考えるきっかけとします。

 

 

日時 平成29121日(土) 13:30開演

会場 鹿沼市民文化センター 小ホール

内容 第1部 基調講演 唐澤 剛氏

   *内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 地方創生総括官

    元厚生労働省 保険局長

  第2部 顔の見える座談会

       佐藤 信氏(鹿沼市長)、奥山明彦氏(奥山医院院長)、風間教司氏(カフェ饗茶庵オーナー)、石綱秀行氏(通所介護施設和久井亭管理者)、

       柴田貴史氏・菊池浩史氏(鹿沼市社会福祉協議会)

       コーディネーター 飯島恵子氏(NPO法人ゆいの里 代表)

申込方法 鹿沼市 高齢福祉課までお電話で(0289-63-2288

主催 地域まるごとケアのまちづくり実行委員会・鹿沼市
 
清洲第一小学校でトイレ作り
2016-12-01

清洲第一小学校の3、4年生PTA行事として、「災害トイレ講座」が開催されました。

 社協職員から、トイレのことが災害時には実は大変重要な問題になることをお話しした後、家にある身近なものがトイレ代わりになるかどうかを実験しました。

 新聞紙、凝固剤(携帯トイレなどに使われるもの)、猫のトイレ砂、ペット用トイレシート、紙おむつを入れたバケツに水を入れどれが水を吸い込むか実験したところ、乾燥剤が一番との結果が出て、見守る生徒たちも歓声を上げていました。

 段ボールを使ったトイレ作りは、生徒と保護者の共同作業で、お母さんたちも慣れない工作に戸惑いながら、子どもたちとの時間を楽しんでいただけたようです。
 
災害ボランティア視察研修来所
2016-11-30

足利市の矢場川地区社協の方たちが、昨年の大雨災害での鹿沼社協の対応についての視察に来所されました。

大変熱心な皆様で、「災害発生時の避難はどうしたのか」「ボランティアに対してどんな支援を行ったのか」など、予定時間を過ぎるほどのたくさんのご質問をいただきました。

 鹿沼まで来ていただきありがとうございました!
 
災害ボランティア実践講座(入門編)第3回を開催
2016-11-19

 3回目となる今回は「避難所ボランティア編」と題し、とちぎボランティアネットワークの矢野事務局長を講師として、「HUG(避難所運営ゲーム)」と「足湯ボランティア体験」を行いました。

 HUGは、避難所運営を疑似体験できるゲームで、参加者には実際に避難所で起こりそうな様々なアクシデントへの対応が求められます。参加者の大半はHUGは初めてでしたが、半分は災害ボランティア経験があり、また中には避難所でのボランティア経験のある方もいたため、そういう方たちはさすがにアクシデントへの対応が早い!

 後半の足湯体験は、足湯をきっかけに被災者との交流がスムーズにいきやすくなることを体験していただきました。

 なお、今回の会場となった菊沢コミュニティセンターは、別名を鹿沼市北部地区防災コミュニティセンターといい、災害時には避難所となります(昨年の大雨災害時にも避難所として開放されました)。

 実際の避難所でHUGをやってみるという、得難い体験ができました。
 
南摩小学校の4年生が福祉体験を行いました!
2016-11-15

11月15日、南摩小学校の4年生が保護者と一緒に、アイマスクと車いす体験を行いました。

アイマスク体験では、目を隠すことで視覚障害を疑似体験。そのまま白杖とガイドの誘導を頼りに、障害物が置かれたコースを歩きます。初めは「見えない~!怖い~!」となかなか前に進めなかった子どもたちでしたが、杖や耳から伝わる情報を頼りに全員コースを回りきることができました。

車いす体験では段差や坂道の正しい車いすの押し方を学びました。知ってはいても実際に触れる機会の少ない車いすに、みんな興味津々。自分自身が車いすにのったり、押したりすることで、どんな道が大変でどうすれば上手に進めるのかを知ることができました。

最後の車いすバスケ体験では、現役の車いすバスケ選手でもある講師からボールを奪うミニゲームを行いました。何度も指先はかすめるものの、あと少しのところでボールを捕えることができません。体は不自由であっても出来ることがあること、一緒にスポーツを楽しむことができることを知ることができました。
 
「災害ボランティア実践講座(入門編)」第2回を開催しました!
2016-11-13
災害ボランティア講座の様子

 11月13日(日)、「災害ボランティア実践講座(入門編)」第2回を行いました。

 内容は、「ロープワーク」と「石灰のまきかた」。

 災害時には家財の運び出しや資材の運搬に軽トラが大活躍しますが、その際に荷物を縛るロープの使い方が実はわからない人が多いです。また、水害時には市役所から消毒用に石灰が配布されますが、石灰を配られてもどうやっやってまいたらよいか、やはりよくわからない。そんな方たちのために講座を企画しました。

 前半の「ロープワーク」は、ボーイスカウトの吉澤さんとチームかぬまのメンバーを講師に、軽トラに荷物をくくりつける時に使う「南京しばり」と「もやい結び」の練習を行いました。後半は当会職員より石灰のまきかたについて、実践だけでなく石灰の種類からまく際の身支度など細かい内容についての説明がありました。

 特に前半のロープワークは、覚えたつもりでも間が空くともう忘れてしまい、参加者一同「あれ!?」と苦笑いしながらの再挑戦。

 実際の災害現場で非常に役立つ、実践講座にふさわしい内容になりました。
   
「おかず」になる食品大募集(フードバンクかぬま)
例えばこんな食品を…
おかずになるものも、お菓子もご寄附ください。
「フードバンクかぬま」からのお願いです。11月6日(金)より、正式に「フードバンクかぬま」を開始することとなりました。多くの皆様から、様々な食品を提供いただき運営をしておりますが、一部の食品に不足が生じておりますので、ここで改めて食品の寄付についてお願いをいたします
缶詰、ふりかけ、レトルトカレー、味のりなど「おかず」になる食品が不足しています。ぜひ、ご家庭で眠っている食品を「フードバンクかぬま」へご寄付ください。
不明な点については、下記までお問い合わせください。
 
問い合わせ
 鹿沼市社会福祉協議会 地域福祉課 権利擁護係(担当:川田・大門)
 TEL 0289-65-5191
 
 

17地区社協活動報告!

17地区社協活動報告!
 
北犬飼地区 そば打ち教室開催!!
先生作お手本のお蕎麦と食改さんの天ぷらに舌鼓!
先生作お手本のお蕎麦と食改さんの天ぷらに舌鼓!
こねるのが難しかったそば打ち…
出来上がったおそば、美味しーく、いただきます!
先生作お手本のお蕎麦と食改さんの天ぷらに舌鼓!
北犬飼地区 そば打ち教室開催!!の説明
 12月7日木曜日、北犬飼コミュニティセンター調理室においてそば打ち教室が開かれました。講師は「栃木のうまい蕎麦を食べる会」の5名の方々です。
そば打ちは毎年の恒例行事となっており、今年は15名の参加がありました。男性の参加者やはじめて参加された方も多く、地域の交流の場にもなっていました。
 教室のあとは、先生に打っていただいたおそばと地域の食生活改善推進員によるてんぷらが振舞われ、おなかいっぱいに!自分で打ったおそばはお土産になり、「家族と食べるのが楽しみ」「また参加したい」と好評でした。
 
「東部台地区クリスマス会」
クリスマス会スタートです!
クリスマス会スタートです!
「ふれあい」さん特製の手作りランチ
体操も行いました!
クリスマス会スタートです!
「東部台地区クリスマス会」の説明
 12月14日地域の高齢者を招待して、クリスマス会が開催されました。
 寒空のなか、当日は約40名もの方が来場し、会場は満員御礼となりました。
 参加者に振舞われた料理はボランティア「ふれあい」の皆さんが腕によりをかけた手作り!
 うどんに入っているキノコも東部台地区の皆さんが育てたものなんですよ!
 手作り感あふれるアットホームなイベントでした。
 
「南摩ふれあい農園収穫祭~15th」
もち米炊き
もち米炊き
市長も餅つきに参加!
搗きたてのお餅は美味しいねぇ!
地元中学生も餅つきにチャレンジ!!
お餅丸めが間に合わないほどの列…
もち米炊き
「南摩ふれあい農園収穫祭~15th」の説明
 12月2日(土)、南摩コミュニティセンターにおいて、南摩ふれあい農園収穫祭が開催されました。
 当日は天候にも恵まれ、農園委員をはじめ、地元小中学生、老人クラブの皆さんなど、160人余りが参加しました。南摩ふれあい農園は、田植え、稲刈り、収穫祭ができるまでの流れを体験し、大地の恵みを肌で感じることができる事業となります。
 市長をはじめ、地元中学生による餅つきは大いに盛り上がりました。できあがったお餅を、中学生がご高齢の方に運んでいる姿に優しさを感じ、そういった優しい気持ちにさせてくれるのも、この事業の素晴らしさだと思います。
 南摩ふれあい農園は、食べ物の大切さや人を思いやる気持ちを育む優しさあふれるイベントでした。
 
粕尾地区 「大越路おたっしゃクラブ」へおじゃましてきました。
粕尾地区 「大越路おたっしゃクラブ」へおじゃましてきました。の説明
 粕尾地区の大越路公民館で、月2回行われている高齢者サロン「大越路おたっしゃクラブ」に取材に行ってきました。
 本日のサロン活動メインイベントは……健康運動指導士・鈴木先生による体操教室開催です。 
 歌謡曲に合わせて体操をしたり、「あいうべ体操」で口腔体操を行いました。
 このサロンは民生委員だった方々が10年前に立ち上げたサロンで、毎回参加者が15名程度、中には90歳以上の方も参加されています。
 参加者のみなさんは「ここにきてお話するのが楽しみ!」「サロンの開催の日が待ち遠しい」など、終始みなさん笑い声が絶えません。
 皆さん、とても元気でこちらが元気を頂きました。
 
北犬飼地区 子育てサロン「あいあい」
北犬飼地区 子育てサロン「あいあい」の説明
 11月8日(水)10:00~ 鹿沼総合体育館フォレストアリーナにて子育てサロン「あいあい」が開催されました。「あいあい」は昨年末に立ち上がり、2ヶ月に1度開催しています。
 今回は初めての取り組みとして、宇都宮友の会と共同で開催。民生委員やボランティアの方が託児を、その間にお母さん達は子どものおやつや栄養、家計管理について学びました。
 お母さんと離れて最初は泣いていた子ども達も、慣れてくると元気いっぱいに遊んでいました。お母さんたちからも「子どもがいるとゆっくり出来る時間もないけど、見てくれていると安心して勉強できる」と好評の声があがっていました。地域みんなで子育て出来る環境がとても素敵ですね。
 
中央地区シニアライフみまもり隊総会
総会の様子
総会の様子
鹿沼市保健福祉部介護保険課 渡辺課長補佐による「介護保険制度について」の記念講演
総会の様子
中央地区シニアライフみまもり隊総会の説明
 11月5日(日)、鹿沼市総合福祉センターにおいて「中央地区シニアライフみまもり隊総会」が開催されました。
 当日は関係者総勢約70名もの多くの方が集まり総会を実施し、隊員により事例発表を行いました。
 また、鹿沼市保健福祉部介護保険課 渡辺課長補佐による「介護保険制度について」の記念講演等も行われました。
 事例発表や記念講演等を通し、高齢者が安心して暮らせるよう活動している地域の方々の思いや繋がりの大切さを改めて感じることができた総会でした。
 
第11回加蘇コミュニティまつり開催!
お囃子の様子
お囃子の様子
お囃子の様子
模擬店の様子
お囃子の様子
第11回加蘇コミュニティまつり開催!の説明
 10月29日(日)、年に一度の大イベント「加蘇コミュニティまつり」が開催されました。
 当日は雨にもかかわらず大勢の方が会場を訪れ大いに賑わいました。
 ステージでは地域の子どもたちによるお囃子や和太鼓演奏と栃木県警察音楽隊の演奏の他、たくさんの模擬店や体験・展示コーナーもあり、地域が一丸となった魅力あふれるのイベントとなりました。
 
加蘇地区高齢者サロン「エリザベス」のご紹介!
楽しいサロンの様子です!
楽しいサロンの様子です!
スタッフ大募集中です!!
楽しいサロンの様子です!
加蘇地区高齢者サロン「エリザベス」のご紹介!の説明
 加蘇地区では、毎月第2木曜日の13時から70歳以上の方を対象に、健康体操やカラオケなど、季節に合わせたイベントを開催しています。
 スタッフが心を込めて作った料理を食べながら、楽しい時間を過ごせる場所になっています。
 また、そんな楽しい場所をつくるスタッフさんも随時募集しています。
 少しでも興味をもたれた方は、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?
       
     
   
 
開 催 場 所:上久我第一自治会館  開催日時:毎月第2木曜日(13時から)
お問合せ先:090-7700-1526(代表:大貫秀利)
 
「第3回 東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
「くぐつ」による東大芦特別バージョンの人形劇
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
「第3回 東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」の説明
 10月29日(日)出会いの森総合運動公園で「第3回東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」が開催されました。
 当日は台風接近に伴う悪天候のため、メインステージやプログラムのタイムスケジュールを変更しての実施となりました。
 しかし、この悪条件の中でも「くぐつ」による東大芦特別バージョンの人形劇はお客さんの笑いを呼び、素晴らしいステージとなりました。
 また、Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンスで会場は盛り上がり、台風を吹き飛ばすような1日となりました。
 
北押原地区敬老会開催
会場の様子
会場の様子
鹿沼南高校の学生による吹奏楽演奏
会場の様子
北押原地区敬老会開催の説明
 10月22日(日)北押原中学校体育館にて、北押原地区の敬老会が開催されました。
 当日は台風接近に伴う悪天候でしたが、300名を超える方が会場に足を運び、吹奏楽や歌謡・民謡ショーを楽しみました。
   
ボランティアセンター
当協会に設置しているボランティアセンターについてご紹介いたします。
 
心配ごと相談
何かありましたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
 
在宅介護サービス事業
当協会ではさまざまな在宅介護サービスを実施しております。
 
貸付制度
さまざまな福祉を目的とした貸付制度です。お気軽にご相談ください。
 
社協会員募集
当会の会員になってくださる方を募集しております。
 
各種募金
皆様のご理解と更なるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
   
第216号 かぬま社協だより
第216号 かぬま社協だより ( 2017-06-25 ・ 2998KB )
   
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361