社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

088793
 
 

職員採用案内

職員採用案内
 
鹿沼市やまびこ荘 非常勤職員(支援員)の募集について
2017-09-08
 下記募集要綱のとおり、鹿沼市やまびこ荘 非常勤職員(支援員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要綱をご確認の上、ご応募ください。
 
鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(支援員)の募集について
2017-09-05
 下記募集要綱のとおり、鹿沼市やまびこ荘 臨時職員(支援員)1名を募集します。
 詳細は、下記募集要綱をご確認の上、ご応募ください。
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
中高生ボランティアスクール参加者募集!
2017-05-15
 中高生の諸君!
 学校の枠を超えて、ボランティア体験をしてみませんか?
 人と出会い、ふれあい、交流しながら、みんなで福祉について学び、ボランティア活動への理解を深めよ~
 詳しくは、募集チラシをみてね↓
 
みなかみ町社協(群馬県)より視察(5月11日)
2017-05-11
幅広い分野からの質問が相次ぎました。

 一昨年の大雨災害時の災害ボランティアセンターの取り組みについて、みなかみ町社協(群馬県)の方たちが視察にいらっしゃいました。

 休憩も入らず、約2時間の研修でしたが、質疑応答では「ボランティアとは日常的にどのような連携をはかっているか」「なぜこの建物を本部としたのか」「ボランティアが農業の手伝いをすることはあったのか」など、非常に幅広い分野の視点からの質問が相次ぎました。

 視察の方たちを受け入れると、知らない町どうしがぐっと身近に感じられるようになります。これでみなかみ町の方たちともご縁ができました。
 
岩手県・鳥取県災害義援金結果報告
2017-04-03
 
 「岩手県台風10号大雨等災害義援金」・「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」の受付は終了しました。
 社会福祉協議会の窓口に設置した義援金の募金結果は下記のとおりとなりましたのでご報告いたします。

 

 

「岩手県台風10号大雨等災害義援金」

 結果:3,393円(平成29年3月23日現在)

 

 

「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」

 結果:3,285円(平成29年3月23日現在)

 

 

 集まりました募金は栃木県共同募金会を通して、岩手県と鳥取県に送金致します。

 ご協力ありがとうございました。 

 

 

 
千代田町社協(群馬県)より視察
2017-03-24
大山センター統括の話を熱心に聴く皆さん

一昨年の大雨災害時の災害ボランティアセンターの取り組みについて、千代田町社協(群馬県)の方たちが鹿沼社協に視察にいらっしゃいました。

 視察団体の方たちは、講義終了後も熱心に質問されるのが常ですが、千代田町の皆様からも「災害ボランティアセンター開設時に気を遣ったり大変だったことは?」「検証委員会ではどんな見直しが行われたか」など、相次いで質問がなされました。
 
第16回ふれあいフェスタinかぬま 開催決定!
2017-03-13
チラシ

市内のボランティアグループや福祉施設など約30団体によるイベント「ふれあいフェスタinかぬま」は16回目を迎えます。

 今年の開催は4月23日(日曜)で、会場は鹿沼市民情報センターです。

 メインステージは、栃木のローカルヒーロー「精霊法士 トチノキッド」が昨年に引き続き登場!子どもたちに大人気のエア遊具もあります。

 また、オープニング企画では、昨年の熊本地震で活動したボランティアからの報告会が行われます。

 鹿沼市内で活動している様々な福祉団体の活動を知る絶好の機会です。みなさまの来場をお待ちしています!
 
芳賀町社協より視察(3月2日)
2017-03-02
パワーポイント利用の講義、皆真剣です。

本日は芳賀町社会福祉協議会の方たちが鹿沼社協にお越しになりました。「ボランティアセンターはが」の会員研修とのことで、一昨年の大雨災害時の災害ボランティアセンターの取り組みについてお話をさせていただきました。

芳賀町は東日本大震災で大きな被害を受けたためか会員の皆さんの関心も高く、「災害ボランティアセンター開設時に、ボランティアに食事の提供などする場合があったのか」「センター開設時に必要な心構えは」など、実際に開設することを想定した質問が相次ぎました。

 県内の社協同士、いざというときはお互いに助け合うきっかけづくりになったかと思います(菊池)
 
新潟県へボランティアに行ってきました!!
2017-03-01
雪かきボランティアの様子です。

22526日の2日間、チームかぬま、ボーイスカウトの皆さんと社協職員計13名で、新潟県長岡市の木沢地区へボランティアに行ってきました。

 1日目は「えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭」の運営のお手伝いで、雪洞作りやできた雪洞に火を灯す活動をしました。雪洞はまち全体に作られ、幻想的な世界を作り出していました。

 2日目は、高齢者宅を訪問し、雪掻きのお手伝いをしました。栃木県では見たことの無い量の雪に驚きながらも、皆で協力し、怪我なく活動を終える事ができました。

 雪国の楽しさと、そこで生活する大変さを身を持って体感できたことと思います。
 
足利市毛野地区社協より視察(2月16日)
2017-02-17

  本日、足利市毛野地区社会福祉協議会のみなさん38名が視察研修にいらっしゃいました。

 「関東・東北豪雨における鹿沼市社協の取り組み」というテーマでの研修が目的です。

 

 「災害発生時の初動対応」「ボランティアセンター運営上の課題」「閉所後の対応」「被災を経験した社協の役目」などについて約1時間の講義、スライドショーの上映、質疑応答と盛りだくさんの内容でした。

 参加者のみなさんはとても熱心で、質疑応答の時間には数多くの質問が寄せられました。(時間が足りなくなるほどでした)

 被災を経験した社協としては、「経験を伝える役目」があります。今後も「研修の受入れ」については、継続していきたいと思いますので、興味がある方はお問い合わせください。

 足利市毛野地区社協のみなさん、おつかれさまでした。

 

 

 
宇都宮大学の災害ボランティア企画に協力
2017-02-11
「コミュニティ支援力養成研修会in鹿沼」

2月11・12日、宇都宮大学の「コミュニティ支援力養成研修会in鹿沼」が鹿沼で開催されました。これは、宇大学生が一昨年の関東・東北豪雨災害をテーマに内容を企画、社協職員が実施に協力したものです。

 11日は、学生が事前にインタビューした市役所や社協、被災者の災害当時の状況についての報告があり、実際に被災された市民からの体験発表もありました。その後参加者らは黒川沿いや下武子町、西鹿沼町を歩き、職員の説明を受けながら当時の状況を確認しました。歩いていると、市民から「ああ宇大の子け。あのときはお世話になりました」と声をかけられることも一度ならずあり、災害当時の宇大生の活躍があらためて思われました。

 夜は宿泊場所である板荷の自然体験交流センターで避難所運営ゲームを行いました。

 翌日は当時ボランティア活動に参加した先輩たちの話を聞いた後、「学生である自分たちになにができるのか」を考えるワークショップを行いました。

 約20名の参加者は、初顔合わせの人も多かったようですが、2日間を通じてのプログラムに参加することにより、交流も深まり、災害への関心も高めてくれたようです。
 
「コーヒーサロン」やります!
2017-02-13

 

コーヒーサロン」やりますよ~

 

 

100円握りしめて社協へカモ~ンヌ

 

ゆっくりとお茶を飲みながら、深~い話を聞いてみませんか?

今回のテーマは「アルコール依存について」です。

講師は、「断酒ホトトギス」の会員のみなさんです。

※事前の申し込みは不要ですが、大勢でお越しになる際はお茶の準備もありますので一度お電話ください。

 

場 所  総合福祉センター 1Fロビー

対象者  興味のある人なら誰でもOK

参加費  100円以上

問合せ先 社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会 

     地域福祉課地域福祉係(担当:神山)

     TEL 0289-65-5191

 

   
「おかず」になる食品大募集(フードバンクかぬま)
例えばこんな食品を…
おかずになるものも、お菓子もご寄附ください。
「フードバンクかぬま」からのお願いです。11月6日(金)より、正式に「フードバンクかぬま」を開始することとなりました。多くの皆様から、様々な食品を提供いただき運営をしておりますが、一部の食品に不足が生じておりますので、ここで改めて食品の寄付についてお願いをいたします
缶詰、ふりかけ、レトルトカレー、味のりなど「おかず」になる食品が不足しています。ぜひ、ご家庭で眠っている食品を「フードバンクかぬま」へご寄付ください。
不明な点については、下記までお問い合わせください。
 
問い合わせ
 鹿沼市社会福祉協議会 地域福祉課 権利擁護係(担当:川田・大門)
 TEL 0289-65-5191
 
 

17地区社協活動報告!

17地区社協活動報告!
 
北犬飼地区 子育てサロン「あいあい」
北犬飼地区 子育てサロン「あいあい」の説明
 11月8日(水)10:00~ 鹿沼総合体育館フォレストアリーナにて子育てサロン「あいあい」が開催されました。「あいあい」は昨年末に立ち上がり、2ヶ月に1度開催しています。
 今回は初めての取り組みとして、宇都宮友の会と共同で開催。民生委員やボランティアの方が託児を、その間にお母さん達は子どものおやつや栄養、家計管理について学びました。
 お母さんと離れて最初は泣いていた子ども達も、慣れてくると元気いっぱいに遊んでいました。お母さんたちからも「子どもがいるとゆっくり出来る時間もないけど、見てくれていると安心して勉強できる」と好評の声があがっていました。地域みんなで子育て出来る環境がとても素敵ですね。
 
中央地区シニアライフみまもり隊総会
総会の様子
総会の様子
鹿沼市保健福祉部介護保険課 渡辺課長補佐による「介護保険制度について」の記念講演
総会の様子
中央地区シニアライフみまもり隊総会の説明
 11月5日(日)、鹿沼市総合福祉センターにおいて「中央地区シニアライフみまもり隊総会」が開催されました。
 当日は関係者総勢約70名もの多くの方が集まり総会を実施し、隊員により事例発表を行いました。
 また、鹿沼市保健福祉部介護保険課 渡辺課長補佐による「介護保険制度について」の記念講演等も行われました。
 事例発表や記念講演等を通し、高齢者が安心して暮らせるよう活動している地域の方々の思いや繋がりの大切さを改めて感じることができた総会でした。
 
第11回加蘇コミュニティまつり開催!
お囃子の様子
お囃子の様子
お囃子の様子
模擬店の様子
お囃子の様子
第11回加蘇コミュニティまつり開催!の説明
 10月29日(日)、年に一度の大イベント「加蘇コミュニティまつり」が開催されました。
 当日は雨にもかかわらず大勢の方が会場を訪れ大いに賑わいました。
 ステージでは地域の子どもたちによるお囃子や和太鼓演奏と栃木県警察音楽隊の演奏の他、たくさんの模擬店や体験・展示コーナーもあり、地域が一丸となった魅力あふれるのイベントとなりました。
 
加蘇地区高齢者サロン「エリザベス」のご紹介!
楽しいサロンの様子です!
楽しいサロンの様子です!
スタッフ大募集中です!!
楽しいサロンの様子です!
加蘇地区高齢者サロン「エリザベス」のご紹介!の説明
 加蘇地区では、毎月第2木曜日の13時から70歳以上の方を対象に、健康体操やカラオケなど、季節に合わせたイベントを開催しています。
 スタッフが心を込めて作った料理を食べながら、楽しい時間を過ごせる場所になっています。
 また、そんな楽しい場所をつくるスタッフさんも随時募集しています。
 少しでも興味をもたれた方は、一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?
       
     
   
 
開 催 場 所:上久我第一自治会館  開催日時:毎月第2木曜日(13時から)
お問合せ先:090-7700-1526(代表:大貫秀利)
 
「第3回 東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
「くぐつ」による東大芦特別バージョンの人形劇
Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンス♪
「第3回 東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」の説明
 10月29日(日)出会いの森総合運動公園で「第3回東大芦ふれあいフェスタin出会いの森」が開催されました。
 当日は台風接近に伴う悪天候のため、メインステージやプログラムのタイムスケジュールを変更しての実施となりました。
 しかし、この悪条件の中でも「くぐつ」による東大芦特別バージョンの人形劇はお客さんの笑いを呼び、素晴らしいステージとなりました。
 また、Diamondの息が揃ったコンビネーションヒップホップダンスで会場は盛り上がり、台風を吹き飛ばすような1日となりました。
 
北押原地区敬老会開催
会場の様子
会場の様子
鹿沼南高校の学生による吹奏楽演奏
会場の様子
北押原地区敬老会開催の説明
 10月22日(日)北押原中学校体育館にて、北押原地区の敬老会が開催されました。
 当日は台風接近に伴う悪天候でしたが、300名を超える方が会場に足を運び、吹奏楽や歌謡・民謡ショーを楽しみました。
 
「ふれあいほっとホームさかえに小学生が遊びに来ました」
「上手に入るかな?」
「上手に入るかな?」
「真ん中に狙いをさだめて~」
「若いもんには負けられん!」
「10点ゲット!!」
「上手に入るかな?」
「ふれあいほっとホームさかえに小学生が遊びに来ました」の説明

 1027日、ふれあいほっとホームさかえにみどりが丘小学校の6年生37人が遊びに来てくれました!

 さかえでは楽しいゲームを用意して子どもたちをお出迎え。

 子どもも大人もお年寄りもみんなで真剣勝負!にぎやかで笑い声のたえない一日となりました。

 
「南押原地区で敬老会が開催されました」
「南押原中の皆さんの合唱♪」
「✿フラダンスで南国気分✿」
「バンドの生演奏に合わせて歌いました。」
「南押原地区で敬老会が開催されました」の説明
 10月29日南押原地区で敬老会が開催され、200人を超える招待者が参加されました。
 会場では地域の役員さんや、南押中学校の生徒さんがおもてなし。
 「孫にもてなされてるされてるみたいだわ~」と皆さん笑顔がこぼれます。
 ステージでは華やかなフラダンスやバンド演奏、合唱が披露され、内容盛りだくさんで心温まる敬老会となりました。
 
ほっとサロンにこにこ会(御成橋町)
紙ボールキャッチの様子
紙ボールキャッチの様子
金魚すくいの様子
紙ボールキャッチの様子
ほっとサロンにこにこ会(御成橋町)の説明
 10月18日(水)、御成橋会館にて「ほっとサロンにこにこ会」のお楽しみ会が開催され、7名の高齢者の方が参加されました。
 最高齢は94才、みなさんお元気です!
 紙ボールキャッチで体を動かしたり、後出しじゃんけんや餃子じゃんけんで楽しみながら脳トレにチャレンジしました!
 金魚すくいでは、和紙を貼ったすくい紙で金魚をすくうのに悪戦苦闘!すくえると盛り上がりを見せました。ビンゴゲームでも皆さん楽しまれていました。
 最後はお茶やお菓子を食べながら、参加された皆さんの笑顔と楽しいおしゃべりに花が咲き、交流を深める一時となりました。
 
北犬飼地区ふれあい祭・敬老会
北犬飼地区ふれあい祭・敬老会の説明
 10月15日(日)北犬飼中学校において、ふれあい祭・敬老会が開催されました。
 小雨が降り、足元の悪い中での開催となりましたが、多くの方が集い、楽しまれていました。
 体育館では、栃木県シルバー大学OBの方々によるアフリカンダンスショーや地元の子ども達の出し物などが、外ではバザーや消火器体験、自治会の模擬店等もあり、賑わいを見せていました。
 
板荷地区敬老会並びに高齢者交流会
板荷地区敬老会並びに高齢者交流会の説明
 10月11日(水)板荷小学校体育館において、敬老会並びに高齢者交流会が開催されました。
 毎年、板荷中学校の生徒が高齢者のおもてなしをしています。
 敬老会式典では、長年地域に貢献されてきた高齢者に感謝の言葉が贈られました。
 その後に行われた高齢者交流会では、地域の子供たちによる発表と交流が行われました。
 子供たちと高齢者がともに笑顔でふれあう、とても温かい交流会となりました。
 
「粟野地区 高齢者サロン」
「粟野地区 高齢者サロン」の説明

 915日(金)粟野コミュニティセンターにて高齢者サロンが開催され、50名の方が参加されました。

 午前中は自宅でも出来る簡単な運動で身体を動かし、合唱や語り部を楽しみました。
 昼食は手作りのお弁当を皆さんで召し上がり、午後のお楽しみレクリエーションでは、南の島の王様・王女に変身したスタッフによる大合唱で会場は大いに盛り上がりました。
 
緑町で防災講座
緑町で防災講座の説明
 10月3日(火)の夜、緑町自主防災会主催の防災講座が開催され、当会職員の柴田が講師となり、避難所運営をテーマにお話しさせていただきました。
 柴田より参加者にお伝えしたメッセージは、
 ・災害時には、行政も混乱して十分な対応が望めないこと 
 ・避難所運営には、地域の方たちが積極的に関わる必要があること
 ・誰にとっても初めての経験になるので、うまくいかなくても誰かを責めたりしないこと
 ・運営に関わる人たちは、一人で抱え込まずに、みんなで話し合って物事を決めていくこと
などでした。
 緑町は高台なので、2年前の大雨災害でも被害が出なかった地域ですが、講師の「災害はいつどこにくるかわかんないですかんね」との、データを交えての脅し?のせいか、みなさん大変熱心に聞いていらっしゃいました。
 
東部台地区敬老会
ハワイアンな雰囲気に包まれました!
ハワイアンな雰囲気に包まれました!
♪とちまるくん体操~
ハワイアンな雰囲気に包まれました!
東部台地区敬老会の説明
 10月1日東部台地区の敬老会が開催されました。
 昨年に引き続きフラダンスグループ「とりあえず」と、今年は歌手の「えりのあ」さんが会場を華やかに盛り上げてくれました!
 
中央地区敬老会が開催されました!
ご来場の皆様、ご長寿おめでとうございます!
ご来場の皆様、ご長寿おめでとうございます!
鹿沼混声合唱団による混声合唱
ご来場の皆様、ご長寿おめでとうございます!
中央地区敬老会が開催されました!の説明
 9/17(日)10:00より、鹿沼市民文化センター小ホールにおいて、中央地区敬老会が開催されました。
 当日は、台風18号の影響であいにくの雨模様でしたが、多くの高齢者が来場され、よつ葉の会による寸劇や、鹿沼混声合唱団による混声合唱を楽しんでいるようでした。
 
菊沢地区青少年育成市民会議 三世代交流事業
鮎のつかみ取りを頑張ったよ!
鮎のつかみ取りを頑張ったよ!
自分で作った竹水でっぽうはうまく飛ぶかな?
おはじきでお年寄りの皆さんと楽しく遊んだよ!
今年は北中学校吹奏楽部が来てくれました!
鮎のつかみ取りを頑張ったよ!
菊沢地区青少年育成市民会議 三世代交流事業の説明
菊沢地区青少年育成市民会議 三世代交流事業
 
「菊沢地区 三世代交流事業」
秋晴れの快晴の下、9月10日(日)に菊沢地区で三世代交流事業が開催されました。屋外では鮎のつかみ取りや竹水でっぽうや輪投げなどがあり子供たちが元気に駆けまわっていました。室内ではおはじきやお手玉などの昔遊びを子供たちがお年寄りの方から教わりながら楽しく交流が行われました。今年は地元の北中学校の吹奏楽部が出演し、地域の皆さんからの声援を受けながら素晴らしい演奏を披露してくれました。今年は昨年よりも多くの参加者の方が来場し、三世代交流事業でますます地域の輪が広がりました。
 
南押原ふるさと祭り
かき氷の準備万端!
かき氷の準備万端!
水ヨーヨー上手に釣れるかな?
続々と集まってきました!
♪日光和楽踊り~南押原バージョン~♪
かき氷の準備万端!
南押原ふるさと祭りの説明
 8月5日に南押原ふるさと祭りが開催されました。
 社協がおじゃました、民生委員さんの水ヨーヨー&かき氷コーナーは子供たちに大人気。
 水ヨーヨー釣りでは、民生委員さんに手伝ってもらいながら、それぞれお気に入りの水ヨーヨーを上手に釣り上げていました。
 メインイベントの盆踊りでは、南押原地区の特色を盛り込んだ「日光和楽踊り~南押原バージョン~」が演奏されました。
 地域の子供からお年寄りまで、大勢の方が参加し圧巻の光景でした。
 日本の夏を感じさせるアットホームなイベントとなりました。
 
今年もふれあいほっとホームさかえで流しそうめん!
仁神堂キッズおはやし会のおはやしでお出迎え
仁神堂キッズおはやし会のおはやしでお出迎え
日光和楽踊りで夏祭りを演出
みんな流しそうめんを上手に美味しく食べてます!
水ヨーヨーすくいに大熱中!
金魚(?)すくい…難しい…
仁神堂キッズおはやし会のおはやしでお出迎え
今年もふれあいほっとホームさかえで流しそうめん!の説明

 726日、ふれあいほっとホームさかえにて毎年恒例の流しそうめんを行いました。

 普段は近所のお年寄りたちの憩いの場であるほっとホームですが、この日ばかりは子どもたちで大にぎわい。

 ほっとホームの皆さんもスイカ割りや金魚すくいなど楽しいゲームコーナーを用意して子どもたちをお出迎えしました。

 お待ちかねの流しそうめんが始まると、そうめん台の周りに子どもたちが大集合!

 みんなおはしを上手に使って、そうめんを頬張っていました

 
東部台で救命講習会開催
かなり力が要ります!胸骨圧迫(心臓マッサージ)
かなり力が要ります!胸骨圧迫(心臓マッサージ)
地域の方同士、和気あいあいと、でも、真剣に講習中♪
AEDの使い方を皆真剣に聞いています
かなり力が要ります!胸骨圧迫(心臓マッサージ)
東部台で救命講習会開催の説明

 725日(火)、東部台地区福祉活動推進協議会主催で普通救命講習会が開催されました。

 消防士の方たちを講師とし、参加者はDVD講習の後、人体模型相手に胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの使い方を勉強しました。参加者の関心も高く、質問も相次いでいました。
 
栄町1丁目夏祭り開催
大人達も自治会長を筆頭にマスつかみに大はしゃぎ♪
大人達も自治会長を筆頭にマスつかみに大はしゃぎ♪
子供達も大はしゃぎ♪♪
平戸流お囃子がお出迎え!
地元の方々と自治会長・コミセン職員との交流も深まります!!
大人達も自治会長を筆頭にマスつかみに大はしゃぎ♪
栄町1丁目夏祭り開催の説明

716日、栄町夏祭りが開催されました。会場はお年寄りから子供まで栄町の内外から多くの人が訪れて大盛況でした。

特に盛り上がりを見せていたのはマスのつかみ取り。普段なかなか触る機会のない生きた魚を相手にして、子供たちは大騒ぎ!もちろん、大人たちも童心に帰って水槽を逃げ回るマスを追いかけました。
 
菊沢地区 親子で楽しく避難所宿泊体験!
段ボールを使ってプライベートスペース作り☛避難所宿泊体験
段ボールを使ってプライベートスペース作り☛避難所宿泊体験
親子で楽しく避難所宿泊体験、参加者による集合写真
段ボールを使ってプライベートスペース作り☛避難所宿泊体験
菊沢地区 親子で楽しく避難所宿泊体験!の説明

今年もやってきました菊沢地区のコミキャン!

小学生を中心とした親子が参加して防災キャンプが行われました。避難者となった家族や友達が自分たちで協力し合って避難所の運営に取り組み、ダンボールを使ってプライベートスペースを作って避難所の宿泊体験をしました。また、新聞紙でスリッパを作ったり、ペットボトルでランタンを作ったり楽しく防災について学ぶことができました。
   
ボランティアセンター
当協会に設置しているボランティアセンターについてご紹介いたします。
 
心配ごと相談
何かありましたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
 
在宅介護サービス事業
当協会ではさまざまな在宅介護サービスを実施しております。
 
貸付制度
さまざまな福祉を目的とした貸付制度です。お気軽にご相談ください。
 
社協会員募集
当会の会員になってくださる方を募集しております。
 
各種募金
皆様のご理解と更なるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
   
第215号 かぬま社協だより
第215号 かぬま社協だより ( 2017-06-25 ・ 2617KB )
   
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361