社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

097510
 
 

職員採用案内

職員採用案内
 
職員採用について
2018-07-19
 現在、社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会及び関係施設において、職員の募集は行っておりません。
 なお、募集を行う際には、ハローワークを通じての求人のほか、広報かぬま及びかぬま社協だよりの紙面、当ホームページを通じて行いますので、ご確認をお願いします。
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
「高校生プロジェクトチームがスタート!」
2017-12-18
皆さん楽しく、真剣に議論しています!

 

 第17回ふれあいフェスタinかぬま(4月22日開催)に向けて高校生がブースの企画運営に取り組んでいます。どのようなアイデアをカタチにするのか楽しみです。皆さまの熱い声援と支援をよろしくお願いします!
 
サンタさんがやってきた!
2017-12-18
今年も12月13日(水)~15(金)の3日間をかけて「サンタDEメリークリスマス」を実施しました。
サンタDEメリークリスマスは、市内在住の在宅重度知的障がい者の方のお宅をサンタクロースに扮したボランティアの方々が訪問し、クリスマスケーキとメッセージカードをお届けして、素敵なクリスマスの思い出をつくってもらいたいという目的で行っています。
サンタさんには鹿沼中央ロータリークラブ、鹿沼市ボランティア連絡協議会の皆さんにご協力いただき、今年は47名の方のご自宅を訪問しました。
 
鹿沼中央ロータリークラブの皆さま
鹿沼市ボランティア連絡協議会の皆さま
夜遅くまでご協力いただき、ありがとうございました。
 
 
※この事業は、共同募金を財源に実施しています。
今年もたくさんの笑顔をいただきました!
 
第17回ふれあいフェスタinかぬま 高校生 企画・運営スタッフ募集!
2017-10-24
高校生 企画・運営スタッフ募集!
 平成30年4月22日(日)に『第17回ふれあいフェスタinかぬま』の開催を予定しています。
 この催し物は、鹿沼市内の福祉施設やボランティアグループが協力して行う福祉の祭典です。
 今回初の試みとして、一緒にフェスタを盛り上げる市内在住・在学の高校生スタッフを募集します!
 他校の生徒と交流しながら、新しいフェスタを一緒に作ってみませんか!
 詳しくは左記チラシをご確認の上、下段ファイルの申込用紙にてお申し込みください。
 
 高校生のみなさん、お待ちしてまーす!!
 
赤い羽根 街頭募金やりました
2017-10-14
10月14日(土)、市内4か所で赤い羽根共同募金の街頭募金を行いました。
募金してくださった市民の皆様、そして協力いただいたボランティアの方たちに感謝申し上げます。
 
街頭募金結果報告 71,780円
 
協力ボランティア団体(順不同・敬称略)
赤い羽根共同募金推進委員・ボーイスカウト鹿沼第1団・ボーイスカウト鹿沼第4団・
鹿沼市ボランティア連絡協議会・鹿沼市聴覚障害者協会・鹿沼市手話通訳者連絡会・
鹿沼市婦人防火クラブ
 
協力店舗(順不同・敬称略)
ビバモール鹿沼店・福田屋百貨店鹿沼店・ヨークベニマル鹿沼店・ヨークベニマル鹿沼睦町店・スーパーヤオハン粟野店
 
ご協力ありがとうございました。
街頭募金の様子
 
緑町で防災講座
2017-10-03
防災講座の様子
 10月3日(火)の夜、緑町自主防災会主催の防災講座が開催され、当会職員の柴田が講師となり、避難所運営をテーマにお話しさせていただきました。
 柴田より参加者にお伝えしたメッセージは、
 ・災害時には、行政も混乱して十分な対応が望めないこと
 ・避難所運営には、地域の方たちが積極的に関わる必要があること
 ・誰にとっても初めての経験になるので、うまくいかなくても誰かを責めたりしないこと
 ・運営に関わる人たちは、一人で抱え込まずに、みんなで話し合って物事を決めていくこと
などでした。
 緑町は高台なので、2年前の大雨災害でも被害が出なかった地域ですが、講師の「災害はいつどこにくるかわかんないですかんね」との、データを交えての脅し?のせいか、みなさん大変熱心に聞いていらっしゃいました
 
家庭生活支援員養成研修受講生募集
2017-10-05

栃木県母子家庭等就業・自立支援センターでは、「ひとり親家庭等日常生活支援事業」として、子育て支援や生活援助を実施しています。子育て支援をサポートする家庭生活支援員養成研修の受講生を募集しています。 一緒に子育てのサポートをしてみませんか? 家庭生活支援員養成研修の日程は下記の通りです。 ご応募お待ちしております。

土曜日コース 1月20日、2月3日、17日、24日

日曜日コース 1月21日、28日、2月4日、18日

  • 上記日程の他、1月下旬または2月に保育施設での見学実習があります。実習は平日の3時間です。
  • 日程は、講師等の都合により変更する場合があります。
  • 参加申込みの状況により「土曜日コース」または「日曜日コース」の1コースのみの開催となる場合もあります。

申込方法

 各市町母子寡婦福祉連合会 または 栃木県ひとり親家庭福祉連合会 にご連絡ください。

申込締切り

 平成29年12月19日(火曜日)

 

※詳しくはこちらをご覧ください!

受講生募集チラシ
 
コーヒーサロン実施します!!テーマは「“大人のひきこもり”について」です!!
2017-09-04
コーヒーサロン実施します!!
 今回のコーヒーサロンは“大人のひきこもり”を
テーマに実施をします。
 講師は、「ポラリス・とちぎ」の中野謙作さん!!
 “ひきこもり”の事で悩んでいる、ご家族のみな
さん、ご本人さんにぜひ参加をしてお話を聞いて
いただきたいと思っています。
もちろん、興味のある方はどなたでも参加できますよ。
 
~こんなお悩みを抱えている方は、ぜひ参加してください!~
 
 ≪ご家族や保護者の方≫
 ・うちの子、部屋にこもりっきりで出てこない
 ・誰に相談していいかわからない
 ・怖くて子どもと話しができない
 
 ≪悩みを抱えているご本人≫
 ・もう一人じゃどうにもならない
 ・人の目が怖い
 ・ちょっと休憩と思っていたら何年もたっていた
 
日 時  平成29年10月24日(火)18:30~
場 所  総合福祉センター1F(鹿沼市万町931-1)
参加費  100円
(集まったお金は共同募金に寄付させていただきます)
問合せ  生活相談・支援センター「のぞみ」(鹿沼市社会福祉協議会)
     TEL 0289-63-2167
     ※ 事前申込は不要です。
 
「お仕事犬、セラピードッグとふれあおう!」
2017-08-07

 7月27日、8月1日、8月7日の3日間で小学生ミニ福祉講座が開催されました。

 今回は施設や病院で利用者さんを癒すことをお仕事にしているセラピードッグのワンちゃんたちが社協にやってきました!
 4年生から6年生までの小学生が参加し、私たちの生活を支えている様々なお仕事犬について学びました。
 その後ドッグトレーナーさんからワンちゃんたちへの接し方を教えてもらい、セラピードッグとたくさんふれあうことができました!
たくさんの笑顔に職員も癒されました。
 
九州北部豪雨災害でチームかぬま活動!
2017-08-06
支援活動の様子

 731日から86日にかけて、災害ボランティアグループ「チームかぬま」が福岡県朝倉市で被災地支援活動を行いました。

 今回参加したのはチームかぬまのメンバー5人と社協職員2人、計7人。

 31日早朝社協の車で出発した一同は、夕方には大阪に着き、夜別府行のフェリーに乗りこみました。翌朝別府港から福岡県に向かい、お昼前には朝倉市に到着し、2年前の鹿沼の大雨災害時にお世話になった、日本財団の職員である黒澤さんが主宰する災害ボランティアチーム「DRT」に合流しました。今回は、このDRTと活動をともにしました。

 現地は連日30℃超えの猛暑で、災害ボランティアセンターでは熱中症への注意をしきりに行っていました。

 活動は、敷地内に入り込んだ泥の撤去や家屋の解体などでした。通常の災害ボランティア活動ですと、これらの活動は人力で行いますが、DRTではパワーショベルやチェーンソーを使い、効率化を図っています。それだけ活動にも危険が伴いますので、DRTで活動するのは被災各地でかなりの経験を積んだベテランのボランティアばかりです。

 滞在中はテント暮らしで、朝食・昼食はコンビニ、夕食はラーメン屋という一週間でしたが、全員元気に帰ってくることができました。
 
「中高生が車いすバスケ体験」
2017-08-04

 8月4日(金)中高生ボランティアスクールの第3回目が開催されました。

 今回は「車いすバスケ体験」を宇都宮のわかくさアリーナで行いました。

 前半はバスケ車と普通車の違いやルールの説明を受けた後、操作・走行練習を行うとあっという間に自由自在に動かすことができるようになりました。

 後半はみんなが楽しみにしていたミニゲームを行いました。走りながらのドリブルやパス回しを上手に取り入れたり、なかなかのゲーム内容で接戦を繰り広げました。

 参加してくれた中高生からは「車いすでこんなに動けるとは思わなかった」、「車いすでもできることがたくさんあることが分かった」など障がいについて理解を深めることができました。

 今回で中高生ボランティアスクールは全3回終了しました。たくさんの中高生の皆さんに参加していただきありがとうございました。
車イスの目線で、レッツ!バスケット!!
   
「おかず」になる食品大募集(フードバンクかぬま)
例えばこんな食品を…
おかずになるもの、調味料やお菓子も一緒にご寄附ください。
 「フードバンクかぬま」からのお願いです。平成27年11月6日(金)より、正式に「フードバンクかぬま」を開始しております。
 多くの皆様から、様々な食品を提供いただき運営をしておりますが、一部の食品に不足が生じておりますので、ここで改めて食品の寄付についてお願いをいたします
 缶詰、ふりかけ、レトルトカレー、味のりなど「おかず」になる食品が不足しています。ぜひ、ご家庭で眠っている食品を「フードバンクかぬま」へご寄付ください。
 不明な点については、下記までお問い合わせください。
 
問い合わせ
 鹿沼市社会福祉協議会 地域福祉課 権利擁護係(担当:川田・大門)
 TEL 0289-65-5191
 
 

17地区社協活動報告!

17地区社協活動報告!
 
菊沢地区地域包括ケア会議(第1回)を開催しました
菊沢地区地域包括ケア会議(第1回)を開催しましたの説明
 7月13日(木)、菊沢コミュニティセンターにおいて菊沢地区地域包括ケア会議が開催されました。コミュニティ推進協議会の中から、自治会長、民生委員、老人クラブ、そしてコミセン、社協を含む12名で話し合いを行いました。参加者からは買い物や通いの場への移動などについての意見が交わされました。
今後は地域包括ケア会議のメンバーを中心に地域課題への勉強会や先進地視察などを行い、協議体の設置に取り組んでいくことになります。
   
ボランティアセンター
当協会に設置しているボランティアセンターについてご紹介いたします。
 
心配ごと相談
何かありましたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
 
在宅介護サービス事業
当協会ではさまざまな在宅介護サービスを実施しております。
 
貸付制度
さまざまな福祉を目的とした貸付制度です。お気軽にご相談ください。
 
社協会員募集
当会の会員になってくださる方を募集しております。
 
各種募金
皆様のご理解と更なるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
   
かぬま社協だより 第220号
かぬま社協だより 第220号 ( 2018-06-25 ・ 5415KB )
   
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361