社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会|栃木県鹿沼市|ボランティアセンター|心配ごと相談|在宅介護サービス事業|貸付制度|社協会員募集|各種募金

qrcode.png
http://kanuma-shakyo.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人
鹿沼市社会福祉協議会

〒322-0043
栃木県鹿沼市万町931番地1
TEL.0289-65-5191
FAX.0289-62-9361
メールアドレス
kashakyou@kanuma-shakyo.or.jp

----------------------------------
社会福祉事業
----------------------------------
鹿沼市社会福祉協議会では、様々な福祉に関するご相談を受け付けております。相談や利用方法等くわしく知りたい方は、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら
----------------------------------

098772
 
 

職員採用案内

職員採用案内
 
職員採用について
2018-07-19
 現在、社会福祉法人鹿沼市社会福祉協議会及び関係施設において、職員の募集は行っておりません。
 なお、募集を行う際には、ハローワークを通じての求人のほか、広報かぬま及びかぬま社協だよりの紙面、当ホームページを通じて行いますので、ご確認をお願いします。
 

西日本豪雨災害情報

西日本豪雨災害情報
 
広島市災害ボランティアセンターに職員派遣
2018-08-04

 鹿沼市社会福祉協議会では、西日本豪雨災害のため大きな被害を受けた広島市に、84日から10日まで職員1名を派遣しました。

 派遣職員は広島市安芸区災害ボランティアセンター中野サテライトで、ボランティアの受付や送り出し、現地調査などの活動に従事しました。
災害ボラセン中野サテライトの活動の様子
 
被災地に一輪車などを送りました!
2018-07-31
出来ることを無理なく!!

被災地に一輪車などを送りました!

栃木市社会福祉協議会が、西日本豪雨災害の被災地である岡山県倉敷市に資機材を届けるのに合わせて、鹿沼市社会福祉協議会の一輪車やスコップ、ブルーシート、マスクなどを一緒に届けていただくことになりました。

鹿沼市社会福祉協議会としては、愛媛県西予市への資機材への提供、共同募金に続き第三弾の被災地支援になります。

現地まで届けてくださった栃木市社協の職員の皆様、ありがとうございます。
 
西日本豪雨災害 街頭募金行う
2018-07-14

 鹿沼市社会福祉協議会は、鹿沼市ボランティア連絡協議会、鹿沼青年会議所、災害ボランティアグループ「チームかぬま」、ボーイスカウト鹿沼第1団・第4団とともに、71416日にまちの駅新鹿沼宿において街頭募金を行いました。14日には佐藤信鹿沼市長も募金を呼びかけてくれました。

 3日間で寄せられた募金は総額310,175円!

 この募金は、義援金として、また現地でのボランティア活動の支援金として活用されます。
市民の皆様、ご協力有難うございました。
 
愛媛県に一輪車を届けました!!
2018-07-10
出来ることはできる限り支援を…
 鹿沼市社会福祉協議会は、愛媛県の西予市社会福祉協議会に一輪車14台、土のう袋7,000枚などの各種資材を届けるために職員を派遣しました。
 西予市では死者5人が確認され、大変大きな被害が出ています。鹿沼市社会福祉協議会では、3年前の関東東北豪雨災害の際に備蓄された各種資材を、これを機会に被害の大きな被災地に提供することとし、今回の派遣となりました。
 現地には社協職員の他、災害ボランティアグループ「チームかぬま」、チームかぬまと連携する東京都足立区の「チームあだち」のボランティアも一緒に出向きました。
7月10日の夜に鹿沼を出発し戻りは12日昼で、ゼロ泊3日の強行軍でしたが、現地の方たちには大変喜んでいただきました。
帰路には、兵庫県の丹波市社会福祉協議会に立ち寄り、除菌・消臭剤をお渡ししました。
丹波市は、報道はされていませんが今回の豪雨で被害が出ています。丹波市社会福祉協議会の方たちは、3年前に鹿沼まで来てたくさんのボランティアに活動していただいたことがあり、多少なりとも恩返しをさせていただきました。
 

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ

社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会からのお知らせ
 
「平成28年熊本地震義援金」募集要綱をUPしました!
2016-04-18
詳しくは、下記PDFファイルを参照ください。
 
第11回東部台ふれあいさくらまつり開催!
2016-04-10
 
「ふれあいフェスタ」会場内でフードドライブ(食品回収)を実施!!
2016-04-04
4/24(日)に情報センターで開催されます「第15回 ふれあいフェスタinかぬま」の会場内でフードドライブ(食品回収)を実施いたします。みなさまからいただいた食品は「フードバンクかぬま」を通じ、生活に困っている方々にお渡しいたします。
寄付していただきたい食品は・・・
 
□ インスタント食品
□ 缶詰・ビン詰
□ レトルト食品
□ カップ麺
□ のり・あじのり
□ ジュース
□ めんつゆ
 
詳細は、別添のチラシをご覧ください。
 
フードバンクから食品提供のお願い
2016-03-28
フードバンクかぬまでは、みなさんのご家庭に眠っている「缶詰、レトルトカレー、味のり、ふりかけ」などの食品を寄付していただき、生活に困っている方々に食品を提供させていただいておりますが、現在、「おかず」が不足しております。
みなさまの温かいご寄付をお願いします。
 
ボランティアグループ「チームかぬま」の事務所開所式に参加してきました。
2016-03-27
山小屋風の外観

3月27日の日曜日、鹿沼市富岡地区において「チームかぬま」

事務所開所式が行われました。

事務所を建設するにあたり、「関東・東北豪雨」の際にボランティアでお世話になった山形の鈴木さんのご厚意で資材を頂き、鈴木さん、山野井代表他2名で建設されました。

 開所式には、「チームかぬま」のメンバーである小島市議をはじめ、新潟県長岡市木沢地区在住の平澤さん、鹿沼市ボランティア連絡協議会会長、日本ボーイスカウト栃木県連盟鹿沼第1団、第4団の隊長、社協職員の約30名が集まりました。また、「チームかぬま」のメンバーである鹿沼市長も駆けつけてくださるなど、盛大な開所式となりました。

 開所式に参加させて頂き、改めて人と人との繋がりの大切さを感じた1日となりました。
 
生活相談・支援センターの愛称は「のぞみ」に決定!
2016-03-23

平成27年4月に開設した生活困窮者の相談窓口「生活相談・支援センター」。

 この名称がいささか長く略しにくいため、社協内で愛称を募集し、このたび愛称を「のぞみ」と決定いたしました。

 相談者に希望をもっていただきたい、相談員も希望を与えられるよう応対していきたいとの願いを込めております。

 これから「生活相談・支援センターのぞみ」をどうぞよろしくお願いいたします。
 
ボーイスカウトの雪下ろしに同行してきました!
2016-03-19
湯気が立つほど頑張ってます!

3月19日の土曜日、新潟県長岡市木沢地区に日本ボーイスカウト栃木県連盟鹿沼第1団、第4団の皆様12名、鹿沼市ボランティア連絡協議会会長、ボランティアグループ「チームかぬま」の代表、副代表、社協職員4名の計19名で雪下ろしに行ってきました。

 当日はあいにくの雨でしたが、翌日には皆の気持ちが通じたのか雨も上がり、ボーイスカウトの皆さんが体から湯気が出るほど一生懸命雪下ろしをする姿が印象的でした。
 
宇大生が「鹿沼お話し聞き隊」実施!
2016-03-15
 早いもので、9月の「関東・東北豪雨」から半年が経ちました。
 宇都宮大学生は、9月の「災害ボランティアセンター」立ち上げ当時から、運営面、現場支援の両面に渡ってボランティア活動に携わってくださってます。「災害ボランティアセンター」を閉じた後も、積極的に被災された方々に元気になって欲しいと「かぬまDEサンタ」を企画し、サンタクロースの格好で、約20人のサンタが町を練り歩ったりしました。
 今回は、宇都宮教育学部の長谷川教授のゼミ生を中心に、生活の現状など、被災者宅を約80件訪問し、お話しを聞いて下さいました。中には、2時間くらいお話しされた方もいたとか・・・。
 善意でいただいた花の種などもお配りしながらでしたが、今後も社協は宇大と連携して「生活応援窓口」を継続していきます。
 
 
 
 
生活相談・支援センターより、相談者アンケート結果報告
2016-03-11

相談者にアンケートを取ってみました

 平成27年4月に開設した生活相談・支援センターは、生活に困った方の相談窓口として、これまで約200件の相談を受けてきました。

 このたび同センターでは、相談員の対応についての評価や再相談の必要性、求められるニーズを探るべく、これまで相談に来られた方たちを対象にアンケートを行いました(相談継続中の方や生活保護受給世帯等を除く)。

 アンケート発送数86通 回答数25通 回答率29%でした。

 

問1      相談内容について(上位3つ)

  1位 収入・生活費のこと(15

  2位 病気や障がいのこと(7

  3位 家賃やローンの支払いのこと(5

借金について(5

 

問2      相談員の対応について

位 よかった(10

位 まあよかった(7

位 ふつう(5

位 あまりよくなかった(2

 

問3      相談した結果

位 解決はしないが話を聞いてもらえてよかった(9

位 解決した(6

位 必要な情報が得られた(5

解決しなかった(5

 

問4      どんなサポートがほしいか(上位3つ)

位 生活費の助成(18

位 各種貸付制度(9

位 医療費の助成(7

家賃の助成(7

 

考察

相談員の対応はおおむね好評でした。

残念ながら相談者の課題を解決できないことも多いですが、相談ができる場、話を聴くことの重要性が感じられました。生活費の助成を望む声が多いことから、慢性的に生活に困っている様子がうかがえました。

 生活相談・支援センターでは、これからも相談者の立場を考え、ともに行動する相談を心がけてまいります。

 
JKA競輪補助事業完了のお知らせをUPしました!
2016-03-08
公益財団法人JKA様から、平成27年度競輪補助事業を受けて実施した事業を、お知らせに掲載いたしました。詳しくはお知らせ(http://kanuma-shakyo.or.jp/publics/index/53/detail=1/c_id=145/r_id=20/&anchor_link=page53_145_20#page53_145_20)をご覧ください。
   
「おかず」になる食品大募集(フードバンクかぬま)
例えばこんな食品を…
おかずになるもの、調味料やお菓子も一緒にご寄附ください。
 「フードバンクかぬま」からのお願いです。平成27年11月6日(金)より、正式に「フードバンクかぬま」を開始しております。
 多くの皆様から、様々な食品を提供いただき運営をしておりますが、一部の食品に不足が生じておりますので、ここで改めて食品の寄付についてお願いをいたします
 缶詰、ふりかけ、レトルトカレー、味のりなど「おかず」になる食品が不足しています。ぜひ、ご家庭で眠っている食品を「フードバンクかぬま」へご寄付ください。
 不明な点については、下記までお問い合わせください。
 
問い合わせ
 鹿沼市社会福祉協議会 地域福祉課 権利擁護係(担当:川田・大門)
 TEL 0289-65-5191
 
 

17地区社協活動報告!

17地区社協活動報告!
 
「佐野市植野地区社会福祉協議会」に視察研修に行ってきました。
「佐野市植野地区社会福祉協議会」に視察研修に行ってきました。の説明
 8月2日(木)に中央地区安全安心総合対策推進協議会の役員6名、鹿沼市役所職員1名、鹿沼市社協職員2名の合計9名で佐野市植野地区社会福祉協議会へ視察研修に行ってきました。
 今回の視察は、3月に設立した中央地区安全安心総合対策推進協議会の地域福祉活動推進部会の地域包括ケアシステム事業に関わる活動を勉強するために行われました。
 植野地区社会福祉協議会では、介護予防・日常生活支援総合事業における訪問型サービスB事業を佐野市から委託を受けて実施しております。
 「植野たすけあい事業」として平成30年7月1日から実施しており、事業の立ち上げの経緯や現在の状況、今後について課題等を聞かせていただきました。
 質疑応答では、今後益々高齢化していく中で、若い世代の方には一生懸命働いていただき、元気な高齢者が支援が必要な高齢者を支えていく体制の構築が必要。
 そうしていくためには「向こう三軒両隣」の繋がりが大切になってくる等の意見が出るなど、これからどのようにしてより良い支え合いのネットワークを構築していくかを共有できる時間となり、有意義なものとなりました。
   
ボランティアセンター
当協会に設置しているボランティアセンターについてご紹介いたします。
 
心配ごと相談
何かありましたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
 
在宅介護サービス事業
当協会ではさまざまな在宅介護サービスを実施しております。
 
貸付制度
さまざまな福祉を目的とした貸付制度です。お気軽にご相談ください。
 
社協会員募集
当会の会員になってくださる方を募集しております。
 
各種募金
皆様のご理解と更なるご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
   
かぬま社協だより 第220号
かぬま社協だより 第220号 ( 2018-06-25 ・ 5415KB )
   
<<社会福祉法人 鹿沼市社会福祉協議会>> 〒322-0043 栃木県鹿沼市万町931番地1 TEL:0289-65-5191 FAX:0289-62-9361